プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1990位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
393位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ  [ 2011年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーゼル拳銃用ホルスター

さて、国府軍といえば欠かせない武器が、C96、M1932などとバリエーション豊かなモーゼル拳銃ですが、今回は中国軍のモーゼルホルスターです。

NEC_0544.jpg

eBayで33ドルで購入

モーゼルはマルシンのM712 SDバレル搭載云々とかいうリニューアル品
メタルフィニッシュVerを買ったんですが、なかなかいい感じ。
実射性能も申し分なく、何度かヒットも取ってるいい銃です笑



NEC_0540.jpg

ホルスターにはこのように収まります。
ストラップの革の厚みがところどころ薄いところがあったりして、そこは安物だけにしかたないかな。
まぁ、この程度のものなら、適当な革の端切れで自作できそうなのでいいんですけど。




NEC_0541.jpg

側面は箱型構造で、バレルを収納する部分は筒状。
筒状部分のところは、そこまで固くないです。



NEC_0542.jpg

マガジンポーチにマガジンが入らないと焦った時の恥ずかしい図
(マガジンじゃなくてクリップを入れるんですよねコレ 4/29)



NEC_0543.jpg

裏側はY字型に革パーツが縫い込まれ、そこからDリングを介してストラップを接続しています。




さて、問題はこのタイプのホルスターが使われている実際の写真を見たことがないのが気になる所です。

抗日映画などでは散見されるのですが・・・

常徳映画


スポンサーサイト

放熱ジャケットっぽいもの


最近は国府軍続きでしたが、作業の進捗具合がこんな具合でして↓

銃身の横についてる放熱ジャケット(カバー?)を作ります。
ただの板じゃなくて、穴が20箇所もあってめんどくさいですねぇ。
とりあえず薄いホオ板で作ってみることに。

20110417205900002.jpg

ミニ四駆の肉抜きのごとく、穴あけてナイフとヤスリで削っていく単調なお仕事です。



20110417233000002.jpg

おおざっぱに整えるとこんな感じ





20110418001400002.jpg

今のところパーツを全部合わせるとこんな具合です。
フィードカバー周りも大味ながら、できるだけ真似てみましたが、うーん(笑)
糾弾口にはMGの弾帯を取り付けることができるようにしました。

あとはチャージングハンドル、リアサイト、その他のいろいろな部分含めて、作らなくてはなりませんw

装備と武器の概観

 簡単に「抗日戦争期の國軍装備は、結局どんな感じなのか?」というところから、非常に簡潔にまとめてみます。
 個々については別途取り上げていきたいと考えています。



・軍服

 抗戦期の國民革命軍(國軍)の軍服は中山服をベースにした服ですが、いわゆる野戦服に相当するものは『軍常服』と呼ばれます。1936年に中央政府が『陸軍服制条例』を公布し、國軍の軍常服は従来の青灰色の中山服型からカーキ色(草色がかったカーキ・イエローグリーン)に変更されています。
 ただ実態としては条例の公布後も依然として青灰色の服が存置されており、特に地方軍などではその傾向が顕著でした。(条例は中央軍のみならず國民革命軍全体(旧軍閥の地方軍も含む)を対象としていました。)
 そのため基本的に國軍の軍服のカラーはカーキと青灰色の二つに大別されます。これは中国大陸の全てを掌握できるほど中央政府の統制が完璧でなかったことも原因の一つですが、実質的には予算不足と工業力不足によるものでした。

 中山服と同様に襟にホックがあり、襟を閉じて着用します。
 兵や下士の服は基本的に綿ですが、夏服は中山装の上着に半ズボンという出で立ちが多く、冬になると各自綿入れやコートを羽織っている写真なども見られます。

T2yJJnXaXbXXXXXXXX_!!487455.jpg

 海外の再現写真ですが、イメージとしてはこのような草色がかったカーキが一般的なように思います。



德械着色

 着色写真のためどこまで参考になるかは不明ながら、青灰色の軍服を着用したドイツ式部隊の少年兵
 第二次上海事変に際して市民の激励を受けている様子



17267025.jpg






17267004.jpg

 こちらも着色写真のドイツ式部隊
 ダークブラウンという解釈みたいです。




 しばしば青灰色の軍服は「八路軍の軍服」と思われがちですが、先述の通りそれは厳密には異なり、もともと清朝末期の新軍(或いは洋式軍)の服の色に由来し、やがてその北洋軍の力を背景に政権を掌握した北洋政府や地方の軍閥軍の服に継承されます。そして蒋介石がそれら北洋政府を打倒するために北伐を下命した国民革命軍の軍服の色もまた青灰色であり、さらに国民党との合作もあり黄埔軍官学校などで共同していた共産党軍も自軍の軍服の参考にしていく中で波及しており、青灰色が中国における代表的な軍服の色でもありました。(逆に言えば、大量の兵員を抱える中国国内で、兵士全てに軍服を大量供給できる被服廠と布地のストックが限られていた、とも言えるのですが。)

 そのような中で、1936年の陸軍服制条例は、中央政府にとって対立する諸勢力(反政府的な旧軍閥や共産党)と同じ色の服になることを避けるためにカーキにしたとも言われ、軍服の色が「一枚岩と言えない中国内部の事情」を反映するところがありました。

2009_5_22_27630_9327630.jpg



 ドラマないしは映画などでは、観客に分かりやすくするために「国民党軍=カーキ」「共産党軍=青色」と衣装分けされることが多かったため、中央軍が草色・カーキ軍服で、八路軍や地方軍が青色というイメージはもたれやすいです。

 ビルマの英式部隊・雲南方面の装備については別途記載してみたいと思います。





・ヘッドギア

 帽子についても36年の条例により、中国語で「北歐滑雪帽」とも称される、ヨーロッパのスキー帽に由来する形状の軍帽が採用されます。北伐以前は制帽型の軍帽が着用されていましたが、ドイツ軍事顧問による指導の過程で、より実戦的かつ製造が簡単なこの帽子に順次更新されていきました。

 ボタンを外してフラップを下ろせるものもあれば、ただの飾りボタンになっているものもあります。



chinese nationalist army infantryman in combat uniform 1939

 南方ではフラップを省略してあご紐だけになったもの、北方では防寒帽も使用されています。




ヘルメットに付いては多種多様です。

 まず思い浮かぶのがドイツ軍型ヘルメット

motorized.jpg

 國軍といえばドイツ式装備ですが、ドイツ軍のM35ヘルメットはその象徴的な存在で、ドイツから大量に輸出されています。 ヘルメット側面に青天白日のデカールが付きますが、無いものもあります。
 ドイツ式訓練を受けた部隊を中心に抗戦期の中央軍で使用されました。(ドイツの軍事支援以前は英Mk.Iを輸入・模造) M35ヘルメットは1936年までに31万5千個が輸入されました。ドイツからの供給が途絶えてからは、従来の英式ヘルメットや国産型が使われたりするケースもありましたが、地方軍を始めとする装備が不足した大半の部隊では、戦闘帽のみでヘルメットが支給されていないことが多くありました。
 なお、中国で製造された模造品もあります。





chinese soldiers on training field
 ドイツ式ヘルメットの輸入前の中央軍や、地方軍はこのような英式ヘルメット(Mk.I)が主流


 英軍のMk.IIヘルメットも駐印軍(インドで英軍の支援で訓練を受けたビルマ方面の部隊)などでかなり多く使用されています。
 また皿型ヘルメットも国内で模造生産もなされました。



1945年龙云的部队在昆明,第一排士兵是FN Mle 30射手,第二排士兵的腰带表明是副射手(头盔是法式钢盔,我的团长我的团里,一个滇军士兵戴过,名字我忘了)

 1945年に昆明で撮影されたもの。雲南軍閥の兵隊。手前にベルギー製FN Mle 1930軽機関銃(BARのベルギー型)が見えます。雲南は南が仏領インドシナで陸路での輸入ルートが存在。



 ビルマ方面のアメリカ式装備で訓練・編成された部隊ではそのままM1ヘルメットも使用されています。(実は厳密には異なる仕様)
 共産軍などでは鹵獲した日本軍ヘルメットから星の部分を取り外して着用している例もあります。




・銃火器

※( )内は国産型の名称

 小銃はモーゼルM1924、Vz.24などのマウザー系小銃や国産型(漢陽八八式、中正式)を使用しています。(Kar98kはあまり多くなかったとも)

 戦線や装備によっては、エンフィールドM1917、スプリングフィールドM1903(共にビルマ・雲南方面、戦後国境内戦期)、モシンナガン(独ソ戦前までのソ連からの支援物資 西北軍等に多かったとも)などの銃器もありますが、本土で一般的に目にするのはマウザー系や漢陽88式、中正式といった国産型でした。(これらの銃器がトイガンで無い異常、Kar98kで代用せざるを得ないのが現状)

 戦前に日本から中国に輸出したり現地生産、模造生産された日本製銃器(三八式、三○年式、十一年式機関銃など)は、張学良系の東北軍のような日本と縁のあった軍閥系地方軍や鹵獲した共産軍に多く見られます。

 サブマシンガンは中央軍では制式化されておらず、地方軍が主に使用していました。戦線にもよりますが、MP18やMP28、トンプソン(M1A1:戦争後期のビルマ等、M1921、M1928、及び山西省等での現地生産型)などが見られます。
 アメリカ製のトンプソン(M1921、M1928、については戦中は主にビルマ・雲南の米英式装備部隊で、中国国内では.45ACP弾を生産していなかったため7.63×25弾を使用する国産型トンプソン(マガジンや外部のパーツが異なる)が主流でした。


 拳銃はモーゼル大型拳銃(M712など)、ブローニングM1910、M1903、M1900が代表的ですが、外国製拳銃はかなりの数が用いられています。

機関銃は、MG08(二四式重機槍)、ZB26、ブレン、ブローニングM1917、マドセン、十一年式軽機(17式軽機槍) BAR(FN社型のピストルグリップのついたタイプ)など




トイガンとしての手に入れやすさや、ある程度の実射性能、中国軍らしく見える度合いも考慮すると、このあたりではないでしょうか。
カテゴリ「武器事情」も参照してみてください。

小銃
◎Kar98k (Kar98kそのものは全体的に見るとそこまで多くはないのですが、Vz24や中正式がモデルアップされていないため 中央軍等)
〇三八式歩兵銃(鹵獲もしくは中国製造型、輸出品など 主に東北軍(張学良系)や共産軍など)
○モシン・ナガン(中ソ合作で輸入 西北軍など)

・スプリングフィールドM1903A3 (雲南・ビルマ~国共内戦期 A1と共にA3もあった模様)
・M1カービン(ビルマや国共内戦期)


機関銃
◎ZB26(代表的)



短機関銃(中央軍は基本的に使用せず)
〇トンプソン (山西軍ではM1928を模倣した国産型が ビルマでは米国製M1も)



拳銃
◎モーゼルM712
◎ブローニングM1910、コルトM1903など小型拳銃(主に士官用)
・十四年式(鹵獲・模造品 共産軍など)
・ブローニングハイパワー(カナダのジョンイングリス社製の中華民國向け輸出型については1944年以降 英式装備等で使用)
○S&W M10(それなりにまとまった数は輸入・製造されていました)
・コルトガバメント、コルトM1917(主に米式装備)



・装備品とか





弾帯については。
小銃であれば基本的にはバンダリアでいいでしょう。

 


17267088.jpg
 ドイツ軍のヘルメット、弾薬盒、背囊を着用した兵士(ドイツ軍型の弾盒はほとんどパレード・軍学校用)
 全軍的に見ると小銃手は布製バンダリアの使用率が高いです。

 トンプソン等の短機関銃やマウザーC96などであれば革製のチェストリグがよく用いられています。
 ビルマ方面では英軍のP37装備(英印軍向けインド製P37だと言われています)の使用も見られます。




 腰回りは革ベルトがあります。
 雑嚢については安価なドイツ軍や日本軍の雑嚢のレプリカを改造するのがいいかも。(独軍とも形が微妙に異なるのですが)

 共産軍等では鹵獲設定で日本軍のものを着用する手もあります。日本軍装備の着用については、「俺は日本軍と戦ったんだぞ」という古参ぶりをアピールできる格好のアイテムだったためか、好んで着用する共産軍兵士の写真は割と見かけますが、あまり着用しすぎると「日本兵装備をただ着けただけ」になってしまうので、バランス加減が重要かと思います。

 脚については、基本的に機械化の遅れている国府軍では、軍の移動は徒歩がメインなので、将校でも行軍・戦闘時はゲートルを巻きます。ゲートルは、日本軍と異なり、ぐるぐる巻くだけのいわゆるゴボウ巻きが多いようですが、日本の営内巻きのように折り返して巻いたり、二重に巻くなどばらつきがあるようです。士官は後方ではロングブーツ(騎乗兵科は戦闘時も)や革の短靴を着用していました。


 靴に関しては中華街で売ってるようなカンフーシューズに近いものを履いているようですが、必ずしも同じものではないので実際の写真と比較するのがよいかと思います。
 革靴ならばドイツ軍の編上靴が代用になりそうですが、中央軍のドイツ式師団以外ではあまり見かけません。(ホブネイルに馬蹄形金具などほぼ同型)
 キャンバスブーツの使用も見られるので、茶色や黒などの似ているブーツが揃えば代用になると思います。


 また靴が支給されずわらじやサンダルなんてケースもありますが、遊ぶ上では危ないので

WWII中国国民党軍(国府軍)装備

NEC_0380.jpg

海外通販の荷物が届きました


重さにして6キロ以上の装備品たちです




20081221020618.jpg

今回、チームで国府軍(国民革命軍、國軍)装備を揃えてみました。
このカテゴリでは国府軍装備を中心にお送りいたします。


チームの変態装備軍団を中心に5名で揃えたわけですが、初めての連合軍側装備かもしれません。


motorized.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。