プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
646位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ  [ 2011年09月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北旅行記(5)

忠烈祠を見学した後は、最寄り駅のMRT淡水線 圓山駅にタクシーで向かう。
タクシー料金が安いので、観光の足として非常に便利だった。


ドライバーさんに「MRT圓山站」(「站」は駅の意味)と書いた手帳を渡して筆談で行き先を告げると、こちらが日本人だと理解したのか「OK!OK!」と快く応じてくれた。
このドライバーさんはある程度英語ができるみたいで、「もうここから歩いていけるから、ここで止めていいかい?」と一番安く済むルートで通ってくれた。


IMGP1935.jpg

これはMRTの高架。
MRTとは「Mass Rapid Transit」の略で、台北捷運(たいぺいしょううん/タイペイジュユン)とも呼ばれる地下鉄のこと。高雄や台中にもあるが、基本的に「MRT」で通じる。
台北市内と郊外を結び、大体の場所はこれで行くことができる。地下鉄と言っても、圓山のような少し郊外の場所ではこのように地上に露出している。

MRTはもともと台北市内の渋滞を緩和する目的で、15年ほど前から建設された非常に新しい交通システムで、台北のみならず台湾の主要都市にも建設され、今も拡充されている。




IMGP1936.jpg

駅まで歩いて行くときに、ふと模型店っぽい場所を発見した。




IMGP1937.jpg

覗いてみると、鉄道模型の専門店だった。
『阿立圓山玩具模型社』というお店で、鉄道模型好きな夫婦で営んでいるようで、小さいながらも雰囲気のいいお店だった。
こういう模型店は日本じゃもうあまり見かけないような気がする。

鉄道模型はやったことがないけど、店内のスペースの大部分を割いて設けられたジオラマはよく作られていて、天井に付けられたモニターにパソコンで制御された時刻表が表示されるなど、力の入れようがすごかった。

TOMIXなどの日本メーカーの商品や、日本語の鉄道模型専門誌も多く置かれていた。

英語で「AFVや軍用機を扱っているお店を知りませんか?」と聞いてみたところ、心当たりのあるお店を親切に教えてくれた。





IMGP1939.jpg

圓山駅へ
MRT全体を通して言えるのは、駅も新しく、ゴミひとつない非常に綺麗だったことだった。
あと、改札の外からでもトイレが利用できるようで、身分証(パスポート)と引換に利用票を受け取り、改札の中に入ってトイレに行くことができるシステムのようだ。(利用票を返すとパスポートも返却される)

一方で日本と異なり、コンビニでトイレを借りることはできない。
ただ、地下街や大きな市街地では清掃の行き届いた公衆トイレが比較的多かったように思われる。




IMGP1940.jpg

自動販売機で切符を買うことができるが、切符と言ってもプラスチックのコイン型のIC乗車券で、出口の改札で再び回収されるシステムになっている。
料金はタクシーよりずっと安く、5キロまでの区間で20元(60円弱)、圓山から台北駅まで70円くらいだろうか。

また悠悠カード(イージーカード)と呼ばれる、チャージして使うプリペイド式の乗車券(写真↑)もあり、こちらで乗ると乗車賃が20%引きされてお得である。
最初、自販機で買うものかと思って四苦八苦していたところ、それを見かねたらしい台湾の女子大生に「あそこで買えるわよ」と英語で教えてもらったりした。
なんて親切なんだっ!笑

観光客向けのフリーパスもあったりするようだけど、どちらがいいかはMRTに乗る頻度によると思う。
悠悠カードの発行額は500元でデポジット100元だが、この場合の発行額はチャージされている額を示すので、使いきらなくても返却すればデポジットと共に返金される。
駅にある悠悠カードカスタマーセンターでは、200元で売ってたりもする。

自販機でも売っているのだが、中国語で使い方がわかりにくいので、有人受付で買うといいかもしれない。
また市内のセブンイレブンなどのコンビニでも購入できる。

また日本のPASMOなどと同じように、市内のバスでも利用できたり(今回はバスの路線がよく分からなかったからバスは利用してないけど)、コンビニや喫茶店での支払いにも使える便利なカードである。


IMGP1941.jpg

MRTは新しいこともあって、ほぼ全ての駅でホームドアが設置され、またホームとドアには段差がなくバリアフリーも行き届いている。

またMRTの駅や車内は飲食は厳禁で違反すると罰金を課せられる。
一方で携帯電話の使用制限はないようで、地下でも利用できるように電波が中継されているほど。(ただ通話は小声でするようにとの但し書きはある笑)

ちなみに座席は日本の列車と異なり、野球場の座席のような固い座席。
もともと区間がそこまで長くないのでそんなに長居するものでもないのと、清掃が簡単だからかな?
(ちなみにMRTで乗り換える時は15分以内に乗り換えないで同じ駅にいると追加料金を請求される笑 入場券みたいな扱いかな?)







MRT淡水線は台北中心地から北に伸びる路線、台北行きの列車に乗れば圓山から15分もかからずに台北駅に到着だろうか。

さて、目的は台北地下街。
2キロくらいはあるんじゃないだろうかというほど延々と伸びる地下商店街。一時は寂れていたこともあったようだけど、MRTの開通で活気を取り戻しつつあるそうだ。


IMGP1942.jpg


地下街は比較的安いお店が集まっている。
靴、カバンや服などのアパレルショップ、ゲームやおもちゃ屋、本屋、時計店、雑貨、飲食店などが集まっている。
他の有名な観光地だと相場が高くなるから、雑貨を買うならこういうところがいいかもしれない。


冷房が効いているので暑い昼でも快適に過ごせ、ベンチが一定間隔に並んでいてトイレもあるので歩き疲れたりしてもちょっと休めたりして、このあたりがわざわざ飲食店に入らないと休めない日本との違いだなぁ・・・と思ったりする。


相場で言うと、傘が100~200元(300~600円)、サンダルが200~600元、安価なクオーツ時計が100~500元といったところだろうか。
カバン屋さんなんかは安価でよさげなものがけっこうあったりした。

旅行用に、ベル型のブロンズ目覚まし時計を199元(600円)くらいで買ったりした。(ホテルでウェイクアップコール頼めるけど、普段用にも欲しかったから笑)





IMGP1943.jpg

台湾もいい感じに日本に毒されてきたなぁ・・・と思ったりする。(ちなみに台北地下街はオタクとか関係ない普通の地下街である。)
地下街の一番奥の方にはメイド喫茶もあったりして、そこは想定内だったのだけど、執事喫茶とか学園喫茶まであったのは驚いたw
こういうところは行ったことがないから、ネタで入ってみようかと思ったけど、一人で入るのはなんかアレなのでやめた笑





IMGP1944.jpg

さて、ここに来たのは軍用品店やトイガンショップがあるからと聞いたからであるのだが、一応ひとつ見つけた。
『叛逆大兵』と凄い名前だ。

見た感じ、現用のPXやレプリカと若干の放出品といった具合で、品揃えはミリヲタ的には微妙かな。
現用台湾軍のキャップ(100元)と、PXのブーニーハット(300元)を購入。

他の台湾軍ないしは国府軍の軍用品店の情報を聞いてみたのだが、分からないとのこと。
軍用品収集も目的の一つだっただけに、ちょっと先行きが暗くなってしまった笑

地下街には他にも軍用品がちょこっとだけ置いてあるような店も2軒ほどあったのだけど、めぼしい収穫はなし^^;



あと、『Gun Heaven』というトイガンショップを発見。
ただフルメタルのエアガンが多かったので、持ち帰れないのが残念w
Cz75、マカロフとかモーゼルM712、M14欲しかったなぁw

ここは後日また行くことに。




IMGP1945.jpg

こういう感じのサブカル系ショップはたくさんあった笑

もしかしたら地下街の雰囲気は東京の中野ブロードウェイに近いかもしれない。(というより、店主が日本まで買い付けに行っているようだ笑)





IMGP1947.jpg

ゲームやプラモデルなどは日本とあまり値段が変わらない・・・というか日本製が多いから仕方ない笑




IMGP1948.jpg

まどマギは台湾でも人気のようである。
というか、日本語のままじゃないかコレ笑




IMGP1949.jpg

台湾ではXbox360がメジャーなようだ。
日本ではマイノリティ扱いな箱◯ユーザー的にはうらやましい笑

たしかにオンラインすると台湾ゲーマーとよくマッチングするよなぁ。



台北地下街は歩いていて面白いので、このあとほぼ毎日通った笑

(つづく)
スポンサーサイト

台北旅行記(4)

IMGP1891.jpg

ホテルからタクシーでまずは忠烈祠へ

台湾は車の維持費が安いこともあって、タクシーも安い。
初乗り70元(200円ほど)で、1.25km以降は250mごとに5元(15円)なので、旅行の足としては便利。
ただ、MRTの方が安いので、自分はタクシーは3回使ったのみで、あとは全てMRTを利用しましたw
(後日お世話になる地元の人によれば昔はタクシーも鉄道も今より安かったそうなのだが、MRTが出来てからタクシー業界はやや厳しいのだとか。)

乗り方も日本と同じで手を上げて止めるのだけど、ドアの開け閉めは自分で行わなければならないので、日本人観光客はドアを閉め忘れることがあるようだ。
またスクーターが日本よりずっと多いので、ドアを開ける時は注意したほうがよさげ。

かつては、マナーの悪い運転手もいたらしいが、当局の指導で数は大分少なくなったそうだ。
地元の人によれば、判別の方法としてドアや車体が汚れていたり傷ついているタクシーを避けるといった方法があるらしい。









IMGP1894.jpg

忠烈祠に到着

ここは辛亥革命以降、日中戦争など建国に関わる戦いで亡くなった英霊を称える施設で、国防部が管理している場所。
各軍の精鋭中の精鋭が衛兵の任務にあたっていることで有名で、1時間ごとに25分かけて衛兵交代式が行われます。


IMGP1896.jpg

日によって衛兵を担当する軍が異なり、この日は海軍が担当。
まったく微動だにせず、視線もまっすぐ前を向いたまま、まるでマネキンのよう。

一応そばに世話役の人がいて、汗を拭いたり服のシワを直したり、観光客が触れないようにしている。



IMGP1898.jpg

正門をくぐってから太殿を見た図
とても広く、清掃も行き届いています。




IMGP1903.jpg
太殿の前まで来た図





神聖な場所なので、あまりだらしない格好はタブー。太殿に入るときも脱帽。
ただ普通の私服であれば問題ないので、礼儀をわきまえる意識を持っていれば大丈夫かな。

(ただ大陸からの中国人観光客は、大声で話しながらカメラを取りまくったり、衛兵に近づきすぎて傍にいる世話役の係員に制止されていたりと、ちょっとアレでしたが・・・)




太殿での閲兵交代の様子は動画に収めました。

持っているのは儀仗用の着剣されたM1ガーランド




IMGP1901.jpg






太殿の左右にはレリーフがある。

IMGP1906.jpg

1911年の革命の時に広州で起こった戦闘の様子なのだそうだ。



IMGP1911.jpg

IMGP1912.jpg

そしてもう片方は上海戦の時の様子

それぞれ下に中国語、英語、日本語の解説文があり、日中戦争に対する中国側の見解が読み取れて興味深いです。


(つづく)

台北旅行記(3)

IMGP1850.jpg

桃園国際空港
ツアー参加だったので、現地ガイドと合流しバスへ
夫婦とかママ友、カップルが多く、一人できてたのは自分だけだったw

ただ、中途半端に個人で航空券とホテルを手配するよりは、航空券とホテルがセットのツアープランの方が安かったりするし、ツアーと言っても団体行動は空港とホテルまでの送迎だけなので、気ままな一人旅も同然w



IMGP1859.jpg

桃園国際空港から台北市街地までは高速道路で1時間ほど
高速道路も建設中のようです。



IMGP1868.jpg

市街地に入ると中国語表記の商店や建物が立ち並び、いよいよ外国に来たのを実感。





IMGP1874.jpg

台北駅
MRT(台北捷運)という地下鉄の駅なので線路は地下にあります。

台北地下街や中山地下街といった地下商店街もここにあり、地下街は旅行期間中ほぼ毎日通うことにw




IMGP1878.jpg

台湾は原付王国、とにかくスクーターの数が多く、大きな交差点には二段階右折のための停車スペースが広く設けられていたりするほど。

一般市民のみならず警察もスクーターを使うようで、交番の前には30台近くの警察用スクーターが止めてあったりしたw



IMGP1886.jpg

ホテルは三徳大飯店(サントスホテル)。
二人部屋を一人で使うので追加料金が痛いw
こんなことなら、「パスポート取る金がない」などと敗北主義的な言い訳をする友人にその分の金をカンパして無理やり連れてくればよかったかもしれないw

最初に部屋に入った時水まわりの臭いが気になったけど、バスルームのドアを閉めれば臭わなくなった。
ベッドメイキングも毎日やってくれていたので、日本の普通のホテルの感覚で大丈夫な感じ。
ウェルカムフルーツとして台湾バナナが配られたのはいかにもご当地といったところでしょうかw

壁が薄いというレビューを聞いていたけど、角部屋だったためか、隣の宿泊客が静かだったのか不明ながら騒音は気にならず。

日本人客が多いのかスタッフも日本語が通じることが多く、分からない時の電話対応、タクシーを呼び止めてくれたり、ドアボーイの人がすぐにロビーのドアを開けてくれたり、帰りの便での重量オーバーが不安だった時も荷物の重量を測ってくれたりとサービスはよく親切でした。
台湾にはチップの習慣はなく、旅費に10%のサービス費が含まれているのでチップは必要ないようです。


MRT民権西路駅まで徒歩3~5分、台北駅まで3駅と交通アクセスは文句なし!
ホテルの周囲には特に観光地はないものの、駅までの道の途中にパイナップルケーキの有名店があったり、駅までアーケードや歩道橋の下をくぐっていけるので日差しや雨も回避できたりと立地は観光に便利でした。



IMGP1889.jpg

台湾では水道水をそのまま飲むと大変なことになるので、沸かしてから飲むのが基本。(というか水道水が飲める日本が異常なだけなんですけどねw)
ホテルでは毎日ミネラルウォーターが無料で支給されました。

すぐとなりにセブンイレブンがあるので便利。
(台湾には日系企業が多く進出しており、セブンイレブン、ファミリーマート、ドトール、モスバーガーといった見慣れた店がかなり多くあります。)


(つづく)

台北旅行記(2)

旅行代理店で航空券とホテル付き、全日フリープランの3泊4日ツアーが44000という値段だったので速攻で申し込み。
とはいえ、一人で行ったので追加料金とられたり、パスポートの発給手数料やら旅行保険なども加算するとこの倍はかかってしまったが、これまでためたバイト代を注ぎ込んで決行。


気の置けない友人と行くことも考えたものの予定がつかず、まぁ一人で行きたい所を回って自由に過ごすほうが有意義かもしれないとぶらり一人旅。



IMGP1803.jpg

成田までは京成スカイライナーで。快適は快適なんだけど、日暮里から3000円はなかなか痛い出費。
少しでも長く滞在するために行きは午前発、帰りは午後発で希望をとると成田しかなかった^^;

午前発のため各停やバスというわけにもいかないのね。




IMGP1810.jpg

IMGP1817.jpg

格安ツアーなので航空会社も当然のごとく中華航空。
中華航空というといろいろ事故やトラブルが多くて不安ではあったけど、「きっと大丈夫!」という根拠のない自信&台湾へ渡る強固な意志がこれを打ち破るッ





IMGP1822.jpg

飛行機は高校の修学旅行の沖縄と、昨年の空自のC-1以来の3度目。
座席が出口付近のいわゆる「緊急時に避難誘導のお手伝いをする座席」になってしまった。

座席を取る時に「窓側席がここしか残ってないんです」「足が広げられてくつろげますよ」「英語か中国語で簡単なコミュニケーションが取れれば大丈夫です!」と係員にお願いされてしまって結局承諾したものの、中国語なんて軍歌と軍隊用語くらいしか分からないし、英語なんて日常会話すらいろいろアレなのにいいのだろうか・・・。




IMGP1828.jpg

ただこの席だとモニターとテーブルが取り出て展開するタイプで便利。
3時間のフライトの間、台湾の流行歌を聞いたり、リメイク版「特攻野郎Aチーム」を見たり、隣の席のやたら日本語が流暢なアメリカ人とたわいのない雑談をして過ごしたのでした。


登場する時にエコノミークラス側のドアを開ける人が不在とかで、急遽ビジネスクラス側から乗ることになったりw



IMGP1836.jpg

高度に伴う外気温差かエアコンかは分からないものの、よく結露の水滴が落ちてきた。帰りの便でも水滴ポタポタ。
他の航空会社もこういうものなのかな?笑





IMGP1833.jpg

IMGP1830.jpg

客室乗務員が「ビーフ or チキン?」と聞いてきたから何かと思ったら機内食があるのを忘れてた。
隣のアメリカ人はチキンパスタだったけど、自分はビーフライス。これはまぁまぁおいしかった。

アメリカ人は茶そばを、モンブランか何かのケーキと勘違いしていたようで面白かったw




IMGP1839.jpg

桃園国際空港(旧:中正国際空港)


日本で見た天気予報だと旅行期間中はずっと雨とされていたけど、結局にわか雨が2、3回降った以外はほぼ晴れか曇りで幸い。



IMGP1842.jpg

いよいよ到着、台湾! なにせ日本以外の地を踏んだのはかれこれこれが初。
上空から台湾の陸地が見えた時のワクワク感が異常でしたw



IMGP1848.jpg

換金は空港内で。
成田はレートが悪いし手数料が高いので、現地の空港でやるほうがお得なのだとか。
臺灣(台湾)銀行の両替所は空港や大きな観光地によくあります。とはいえお金が足りなくなってから市街地に出て銀行を探すのも時間のロスなので、多めに換金。
日本の輸出産業には申し訳ないけども、円高様様でした。換金した時1円が2.7NTD近くにまでなってた。

台湾の通貨単位はNTD(ニュー台湾ドル)もしくは元(どちらも同じ)で、普通は大体1円が3NTDくらいなので、台湾の店で物価を測る時にはNTDの表示価格に3を掛ければ大体の日本円価格になります。

ちなみに台湾にも39元ショップという、日本の100円ショップのような店があるそうです。(今回は発見できず。)



ちなみに台湾に入国する時には入出国カード(入出境登記表)という名前や訪台目的を記述するカードに記入する必要があって、飛行機内でも配られるので事前に飛行機の中で書いておくと空港で書く手間が省けます。


日本人は割と信用されているのか入国審査も緩く、先の入出国カードに記入漏れがあった時も、なかなか美人な入国審査官のおねえさんがニコニコしながら「ココ書いてネ」と言ってくれたので、なかなか気持ちよく入国できましたw


(つづく)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。