プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
480位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ  [ 2011年11月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北旅行記(10)


いよいよやってきた国軍歴史文物館(Armed Forces Museum)
ここに行きたかったがために台湾に来たと言っても過言ではないかも笑

展示物をたくさん撮ったんですけども、また詳しくは別の機会にしようかとおもいます。

IMGP2069.jpg

今回訪れた期間は、中華民國陸軍の機甲部隊に関する特別展示がありました。


IMGP2073.jpg

入口近くにもこんなユーモアのあるペイントがw



入館後、受付でパンフレットをもらいます。見学料無料^^
英語で日本人である旨を伝えると、英語版のパンフレットを貰えます。(中文でも漢字の意味で分かるんですけどね笑)
ちなみにスタンプラリーがあり、全部集めると記念品としてステッカーが貰えました笑



IMGP2098.jpg

北伐時に蒋介石が使用していた品

このように、中華民國建国後の健軍~現在の歴史を、展示品とジオラマを交えながらパネル展示しています。
1階が健軍期、2階が抗日戦と国共内戦期、3階が銃器展示や現代の國軍に関する内容でした。




IMGP2109.jpg

このように日本語の説明ボードが置かれているので、これを手に回れば中文が分からなくても展示内容を理解することができます。
実際、中文で書かれていても漢字でニュアンスは読み取れるので中国語ができなくても大丈夫でした。




IMGP2113.jpg

映像視聴コーナーでたまたま会った元軍人のおじいさんと1時間ほど話し込んでしまいました笑
戦前は上海で少年時代を過ごしていたそうで、「現地の日本兵は子供の自分にもおじぎしてくれるくらい礼儀正しかった。」と仰っていました。家が裕福だったため、国共内戦時には共産党軍を恐れてサンフランシスコに一家で避難し、後に台湾に戻って入隊したそうです。そして1958年に金門砲戦に参加して砲弾の破片で頭を負傷したらしく、「ここを触ってみなよ」と傷跡を指しながら当時を振り返り話してくれました。
当時もまだアメリカ製のスプリングフィールドM1903を使っていたそうです。

アメリカに住んでいたことから英語は書くことはできないが、話すことはできるようで、終始英語と漢字の筆談によるコミュニケーションでしたが、日本から一人で来てかつここにいることがよほど珍しかったようで、とても歓迎されてしまったのが少し恐縮でした笑


ちなみにこのあとさらに見学中だったアメリカ軍人の方も加わって三人で話してまして、この写真は彼に撮ってもらったのですが、とても有意義な時間でした。


IMGP2130.jpg

銃器の展示はかなり多く、「こんな銃も使ってたのか!」といろいろ発見があり面白かったです。



IMGP2155.jpg

 歴史問題については、本(それもあくまで日本側視点のもの)などをかじった程度の知識しか分からないので、具体的な論議については言及できませんが、この博物館で見た限りの台湾側の視点は「虐殺事件はある」としつつも、日本との関係や反共の立場もあってか、展示エリアも次の国共内戦に比べれば小さくまとめられていました。(展示されていた『百人斬りの軍刀』とされるものも個人的に信ぴょう性は怪しいと思うのですが・・・)
ただ一方で、国の示す建前と事実関係の議論は別の次元で考えなければならないと思いました。



 抗日戦争期の展示は、「当初、装備と兵力に劣った國軍がいかにして優勢な日本軍に打ち勝ったか。」というスタンスなので、日本軍の規模や戦術を過大に表現しているような気もしましたが、同じ戦闘をとっても『國軍にとっての勝利』か『日本軍の予定された撤退』かは、どちらに近い論者かによってかも大きく評価が異なるように思います。例えば両者の主張する戦死者数も、中国側はプロパガンダのために誇張し、逆に日本側も遺棄死体を重複してカウントしたりしているなどの点があるので、正確な情報すら掴みづらいです。
 日本においてはアメリカを始めとする欧米連合国との戦いが注視されがちな中にあって、日中間の戦闘に関する通史的な本も少ないように思います。 情報が少ないだけに、『日本側の情報が常に正しい』という固定観念にとらわれずに戦史を分析してみなくてはいけないのかもしれませんね。



IMGP2194.jpg

また展示に関しては、国共内戦は共産党による『叛乱』というスタンスが中華民國の立場をそのまま表しています。
こちらも抗日戦争と同じ広さのスペースを使って展示されていました。
台湾に移った後の交戦(金門砲戦や七・二一馬祖空戦など)についても絵画なども交えて展示されていました。




IMGP2283.jpg

銃器や火砲の展示は、マスケットから現用まで含めて豊富に扱っていました。
もうミリヲタ的にはたまりません。




IMGP2335.jpg

台湾の主力小銃である65式歩槍(T65)のレーザー光線を使った模擬銃を体験するコーナーもありました。
ただレーザーが出るだけなので、反動も音もありませんが、リアサイトの調整やセレクターは動くのでサイトを調整しつつ遊んでみたりしました。



IMGP2362.jpg

野砲のシュミレータールームも笑
たしか105mm(M2A1/M101A1)だったかな?
夜間砲撃のシュミレーターで、ボタンを押して発砲すると反動を再現して床が揺れ、スクリーンに砲弾と着弾の様子が写ります。
(砲撃のシチュエーションが海峡越しに見えたのは気のせいだったろうか?笑)



IMGP2352.jpg

台湾空軍の主力機F-16Aの大型模型。
個人的にはF-16より台湾の国産機であるF-CK-1”経国”の方がいい気がするんですけどどうなんでしょうか?笑




特別展示の機甲部隊特集へ


IMGP2373.jpg

台湾陸軍の主力戦車M60A3の105mmライフル砲の射撃シュミレーター!
索敵→照準→砲撃を体験できますが、静止目標はまだしも移動中の敵を狙うのは難しいです。(Panzer Frontと同じとはいかないw)
赤外線映像だったので、おそらく夜間射撃のものだと思います。M60A3は従来型より夜間戦闘能力が大きく強化されています。

第二世代戦車でもM60A3みたいな現行型だと搭載コンピューターが充実してるから、照準を合わせたら測距とか砲の仰角みたいな調整は自動でやってくれるものなのだろうか? それとも体験用は簡略化されてるとか?
聞いてみるべきだったか笑



IMGP2380.jpg

操縦シミュレーターもやりました。
まるで自動車のように動けます。
クラッチ操作はなかったので、オートマなんでしょうかね?
(WWIIの戦車が曲がり角でも方向転換に苦労してたりする逸話を聞くと、第二世代戦車でもこれだけ柔軟に動けるってすごいなぁ と思いました笑)




IMGP2376.jpg

展示を案内してくれた陸軍の下士のCさん。
日本から来たと知ると、シュミレーターから何から何まで案内してくれて、すごくうれしそうにしてくれてすぐ打ち解けてしまいました笑

「Can you speak English?」
「a little(笑)」

それでよく来れたねと言われたりもしたものの、筆談でカバーできるのです(笑)

この近くに軍用品店はない?と聞くと、すぐ近くにあることを教えてくれました。
やっと手がかりが見つかった!謝謝!






IMGP2381.jpg

そして見つけた軍用品店。
西門駅のすぐ近くにあったんですね。繁華街の方へ行ってしまったので、見落としてしまいました。


IMGP2382.jpg

『飛飛軍用品店』という國軍のPX品を扱っている店です。
ここで陸軍装備一式(7割くらいの装備)を8000円で入手。

M1型ヘル、ヘルカバー、服上下、弾帯、ブーツ、マガジンポーチ、水筒、図嚢といったところです。
ヘルのチンストやスコップ、サスペンダーが手に入らなかったのですが、これはまた次回にゲットしたいですね。
装備購入にあたっては親切にいろいろ教えてもらいました笑


WWIIモノも欲しかったので扱ってる軍用品店はないか?と聞いてみたところ、わざわざ検索して500m近くにあることを教えてもらいました。


IMGP2383.jpg

路易士(ルイス)軍用品店というらしいですが、定休日の模様。
帰りに先ほどの店員さんに言うと、「連絡先を教えてくれればあとで教えるよ」とのことで、ホテルと部屋番号を書き置くと、後で伝言が届いていたりしました。
こちらも本当に謝謝です。


IMGP2395_20111127022331.jpg


ホテルの交換台も伝言を翻訳するのに苦労したようです笑



IMGP2384.jpg

先日のお茶屋さんで呼び止められてまたお茶とリュウガンをいただくことになりました。
毎度毎度お世話になってなんだか申し訳ないです笑



IMGP2391.jpg

夕飯は地下街で牛麺を。
こちらの方はおいしかった。


IMGP2393.jpg

ミリタリー雑誌が450円w
ならばと國軍関係に関する本を1冊買ってみました笑


と3日目の台北でした。


スポンサーサイト

台北旅行記(9)

IMGP2033.jpg

3日目は官庁街めぐりへ

台北駅からタクシーで総統府(ツォントンフー)へ。
かつて日本の台湾総督府で、現在は総統官邸として機能している場所です。

平日の午前中に見学できるので、3日目の月曜日にようやく見学することができました^^;




IMGP2036.jpg

付近の空き地にはHMMWVなど軍用車両が。
おそらく憲兵隊の車両かと思います。

総統府周辺は道路も敷地も広々としていて、政府の中心地らしい厳粛な気分にさせてくれます。



IMGP2039.jpg

総統府の警備には憲兵があたっています。
台湾版M4である91式歩槍は、市街戦向きのコンパクトさで憲兵隊でも好評なようです。

同じ言語グループで案内するため、入り口で中国人、日本人、欧米人と分けられます。
ここで荷物チェックとパスポートなどの確認が行われ、記念品として総統と福総統名義のボールペンがもらえます。
パンフレットもなかなか洒落ていました笑


館内は撮影禁止でしたが、月に一度の休日開放日は撮影ができるようです。
総統府の歴史だけでなく、台湾の政治や文化、民族、日本統治時代などをスタッフが日本語で解説してくれました。

見学していて気付いたのは、大陸系の中国人の団体観光客がワイワイうるさいことかなw
日本人グループは解説を静かに聞いてる横で彼等の話し声がうるさいので、スタッフの方も少し申し訳なさそうな顔をしていたのを覚えています笑


見学は無料ですが、台湾の歴史や文化に関心があればかなり有意義な時間が過ごせるかと思います。
http://www.taipeinavi.com/miru/14/



IMGP2046.jpg

スタッフの方も親切で、カメラも気軽に応じてくれて多謝です。

前日に台北地下街で街歩き用に肩掛けカバンも買いました。
リュックでもいいんですけど、やはり背中が蒸れて暑いんですよね。



官庁街ですので政府機構も多く集中しています。

IMGP2054.jpg

日本の最高裁判所にあたる最高法院



IMGP2062.jpg

憲兵隊の事務所か何かでしょうか。

雑居ビルのようで一瞬気が付きませ(ry



IMGP2057.jpg

こちらは國軍英雄館という軍人向けの福利厚生施設でホテルのようなものです。
実は軍人だけでなく民間人、外国人も利用できるみたいで、宿泊費もリーズナブルなので次回はここを利用してみたいですね。

 暑さと見学で歩き疲れたのでここの1階のセブンイレブンのフードコートでコーラを飲みながら涼んでいたところ、席が満員で相席になったおじさんが昼食のスープの袋が切れずに困っていたので、たまたま持っていたペン型ハサミを貸したところ、「自分はロスに住んでてたまたま帰省している」「そのハサミはここ(セブンイレブン)で売っているのか?」など話が盛り上がって、最終的には行きたかった國軍歴史文物館の場所を教えてもらったりしました笑



IMGP2068.jpg

 そしてやっと見つけた國軍歴史文物館。
総統府から歩いて5分くらいのところでしょうか。
観光ガイドブックの地図にも書かれていないので、別の場所に行ってしまったりもしましたが笑。


 大砲や魚雷が置かれている外見だけからすでにワクワクでしたw

台北旅行記(8)

(さて、2ヶ月以上経ってますが遅筆で進まないw)


昼過ぎて再び台北駅に戻る。

IMGP2015.jpg

さすがにこの時間になれば地下街もオープンしています。


IMGP2016.jpg

模型屋・ラジコンショップが多いので、ついつい見入ってしまうのですが、
この大陸製の1/16の戦車のラジコン・・・ティーガーとかパンターみたいな有名な戦車があるはわかるけど、IV号戦車F1、F2型とかIII突、III号H型、ウォーカーブルドッグとかマイナーどころが多くてすごい欲しかった。
BB弾撃てるらしいけど、スケール考えると6mm×16=96mmでもしかしたら実際より砲身が太いかもしれません。
これで8000円なら買おうかと思ったものの、荷物が大きくなって持ち帰れないし、郵送すると国内で買うのとあまり値段変わらないしなぁ・・・と断念




IMGP2017.jpg

オモチャ屋にて
純正のレゴもあるけど、隣に大陸メーカー製のニセレゴブロックが。

ラインナップが軍事系とか三国志とかなのがアツいです。

パッケージだと車両には米軍の星マークがあったり、M16A1みたいな銃があるのに、
人形は人民解放軍みたいな赤星マーク入りのヘルメットに、56バンダリアみたいなものつけてたり、
極めつけは背景がなぜかドイツアフリカ軍団だったり、いろいろ吹っ飛んでいるものが多かったです。




IMGP2486.jpg

このことを現地からスカイプで話したら友人から欲しいと帰ってきたので、翌日また行ってお土産に何個か買った。
大陸メーカー製なので表記も簡体字で『陸軍部隊』と。この商品名は『K-9坦克』らしい。

あれ、パッと見『坦克(タンク)』というより『自走砲(中国語でも同じ)』に見えるのだけど、そうなると「K-9自走砲って韓国軍?」などと思ってしまう一品でした。
ただ、砲身が短いのでどちらかというとK-9よりはM109あたりに見えなくも。
(友人が韓国旅行の土産にアカデミーのK-9自走砲の模型をくれたので、そのお返しに同じくK-9でいこうと思ったのでした。)

歩兵にオートバイまでついていてなかなか豪華。
これで値段が450元(1400円くらい)というから純正レゴよりかなり安いパチモノ。
しかも3個買うと30%オフとか。


IMGP2487.jpg

「ブロックは幼児の脳の発達にいい!」みたいなことが書いてあるけど、どんな化学物質が混入してるかわからないからその方が怖い気もするけど、誤飲の危険性も含めてあえて突っ込まない!



IMGP2488.jpg

大陸の保証する『合格』ほど信用出来ないものはないのですが、レゴと互換性があります。

ただこっちはバリが残ってたり、プラが柔らかい(プラモで言うならタミヤ製品に対してのドラゴン製品のプラみたいな感じ)などチープ感はあります。




夜は有名な士林夜市へ。

IMGP2018.jpg

いろいろあってたまたま知り合った現地のSさんという女性に案内と通訳をしてもらいました。
日本に行きたくてたまらないらしく、日本語学科に入学するようで(台湾の大学は10月スタート)、日本語は読み書きはできるので筆談でコミニュケーションを取りながら夜市を散策。

この女子大生といい、お茶屋さんといい帰国日まで非常に親切にしてもらったので、もうホントに謝謝の一言に尽きます。

もともと筆談用に手帳と筆記具は持参していたのですが持っていて正解でした。



IMGP2021.jpg

エアガンを使った射的コーナーもあったので一緒にやってみたり。
固定ガスガンですが、日本のコルク銃と違ってちゃんと飛ぶし威力もあります。
これで風船を狙うわけですが、BB弾の質が悪くたまに弾道が大きく狂うことも。
回転する的や小さい的は得点が高く、点数に応じて景品がもらえます。

輪投げやビン立てなど、日本の昔の縁日で見られるような出し物も多くありました。


(つづく)

國軍武器事情:M1900/M1910/M1922 FN系拳銃

国府軍でも日本軍将校と同じく、ブローニングM1900系の自動拳銃が多く使用されました。



・FNブローニングM1900


#36154;#40857;使用的M1900式勃朗#23425;手#26538;

 1900年に発売されたFN社の小型拳銃で、日露戦争では高級将校を中心に日露両軍で使用されたり、1909年の伊藤博文暗殺で用いられた銃としても有名です。
 またこの銃のために.32口径の弾薬が開発されるなど、銃器史においても大きな影響を与えた銃でした。



1292294864478_128.jpg


 中国では輸入のほかコピー生産も行われており、金日成が抗日パルチザン時代に愛用していた銃でもありました。



#27982;南#25112;役中#32564;#33719;王耀武的比利#26102;造勃朗#23425;M1900手#26538;

 こちらは戦後直後の人民解放空軍で用いられたもので、ボタンに解放軍の星マークがあったりするのですが、戦中も同じようなデザインのホルスターが使われていたかは分かりません。


(上写真は中国人民革命軍事博物館HPより)




・ブローニングM1903

M1903.jpg


sh1945.jpg

 終戦直後の1945年の上海における中国警官





上:トルコ製 FNブローニングM1910
下:ベルギー製 FNポケットモデルM1906(FNベビー/ブローニングベビー)

IMGP2254.jpg

 日本軍の将校でも人気のあったこれらの小型拳銃は国府軍将校でもよく用いられました。
上のM1910はトルコ製で、ベルギーからの輸入だけでなくトルコ製の拳銃も数多く導入されています。
(ブローニング系の拳銃はベルギー以外でもトルコ、ロシア、スウェーデン、パラグアイ、エストニアなど世界各地で生産されていました。)





・上:ベルギー製 FNブローニングM1922
・下:トルコ製 FNポケットモデルM1906

IMGP2256.jpg

 M1910を大型化したM1922も使用




・国産ブローニング

IMGP2246.jpg

 金陵製造局(寧局)などで製造された国産型



(写真は台北國軍歴史文物館にて)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。