プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
246位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ  [ 2012年03月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Easy Model (1/72) P40B/C (中国国民革命軍仕様)

先日某ミリタリーイベントに行ったものの、個人的には特に欲しいものはなかったので、
結局モスカートのバルブと安売りのBB弾くらいしか買いませんでしたw

これで資金キープ!

・・・と思ったのですが、帰途に立ち寄った模型屋でワゴン売りされてる中に目を引く物が・・・


IMGP3018.jpg

「やべー!國軍仕様のP40じゃんw」(でも「ウォーホーク」って愛称はマーリン積んだF型からじゃ・・・w)

(他にもソ連やフィンランド仕様のハリケーンとか、人気のないキットがワゴン売りされてた模様・・・w)

久々の模型とはいっても、完成品の話題になってしまいますw
(うーん早く模型作れるように勉強しなくてはw)


IMGP3019.jpg

1/72の完成品で500円のワゴン売りはお安いのでついつい手が出てしまいますねぇ。
(とか言いながら、これ以外にも「半額」や「限定品」という言葉に6000円近く模型を買い漁ってしまい、積むはめにw)

国籍マークもそうですが、青天白日ってデザインは秀逸だと思います。
ドイツ製にせよアメリカ製にせよどの兵器にもマッチする・・・と言うと贔屓しすぎでしょうかw


ちなみにこれは國軍といっても、アメリカ人義勇兵によるフライングタイガース(飛虎)の機体ですw
昔は「P40は零戦の敵じゃない!」みたいな印象でしたが、フライングタイガースの戦記を読んだり、戦術さえ間違えなければ機械的信頼性や性能等をみてもむしろ名機だという印象を持ってます。


IMGP3021.jpg

翼内機銃の射撃によるススの付き方はちょっとしょぼいです。
これは自分でやり直そうかなw




IMGP3022.jpg

と思ったらエンジンの排気のススも同じような塗装だったw



IMGP3024.jpg

美國の援助に満面の笑みの委員長w


スポンサーサイト

YouTubeのリエナクター

 YouTubeのような動画共有サイトのおかげで、海外のリエナクターが作った動画が手軽に見られるようになりました。
中には映画のようなクオリティのものもあり、また海外における本気度の高さには驚くばかりです。

いろいろ見ていて、面白かったものをいくつかピックアップしてみたいと思います。




『Die letzte Stellung』(最後の陣地)

 http://youtu.be/NC_dChI9dgQ

 ドイツのリエナクターが撮影したみたいです。
ドイツ陸軍の陣地に米軍が侵攻してくる話です。
ドイツ軍側はMG42を中心にした1個分隊が、塹壕を掘って陣地を構築するところから始まります。

 全体的に見てアマチュアとしては映像効果も比較的いいように思います。

 細かいところを見てしまうと、森林の防御陣地に対戦車用のパンツァーファウストが1つだけ支給されたり、狙撃手が歩兵分隊と同じ陣地にいたり、壕の縁にわざとらしくツェルトが敷かれているあたりが、構成人数と機材の限られているリエナクターっぽさが出てしまっているかもしれませんが(^^;

 米軍側もBARがニ脚を展開して援護したり、積極的に攻めてきます。
銃の反動やM1ガーランドのクリップは自分で動かしたものに効果を合成したみたいです。




Die Lichtung (光明/明瞭)

 http://youtu.be/KuKm9c2hfeo

 ドイツの高校生が作った自作映画のようで、なんでもミュンヘンのコンテストで賞をとったとか。
装備やCGについては高校生の限界があるのかもしれませんが、それらを差し引いても良くできています!
演出については、限られた人員の中で敵の存在感を出すなど、かなりうまくやってるように思いました。
セリフが殆ど無いのですが、それが逆に戦場の緊張感を演出していて好感がもてました。

 M36の上に迷彩スモックを着用した指揮官が動き方も含めてなかなかカッコイイですね。



Die Deutsche Wochenschau 1945

 http://youtu.be/f-oB-iTRb6k

 タイトルの通り、戦中のドイツ宣伝省による「ドイツ週間ニュース」風味の演出で再現した動画です。
この動画の何がすごいかといえば、もちろん装備品もレベルが高いのですが、実際のドイツ週間ニュースに見られる兵士の動き方を再現していたり、映像編集も週刊ニュースらしくされており、それらがとても上手いことです。

 おそらくモデルとなった週刊ニュースの動画がいくつかあると思うのですが、BGMの使い方やアナウンスも真似ていて、映像をモノクロにして画質を加工すれば本物の週刊ニュースと遜色ないレベルではないでしょうか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。