プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
375位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ  [ 2012年07月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉛筆の粉


パンターを遅々作っています。

今回は軌道輪や転輪の塗装


P7300235.jpg

パステル粉ケチって鉛筆の粉を使ってみた図w

 鉛筆をヤスリで削り、綿棒などに付着させ摺りこんでみました。塗装がハゲた感じというよりは、焼けたり摩擦で磨り減ったような感じかもしれませんが、それっぽい金属感が出せたようにも思います。
 まんべんなく擦りり込むというより、パーツの角や摩耗しやすそうな部分にやるといいのかもしれません。

 奥まった場所には、綿棒を水に浸して鉛筆の黒鉛粉を浸透させてみたりしています。

 ちなみに自分は車体機銃や歩兵の小火器なんかも、フラットブラック→鉛筆で塗装してたりします。光沢のバリエーションを増やすために、いろいろな硬さの鉛筆をためしてみるといいかもしれません。





スポンサーサイト

熱帯英軍将校装備(暫定)

IMGP3057.jpg

オーソドックスな感じで組み上げてみます。

 資料の着用例を見ると、将校用パックをとりつけたり、水筒やスモールパックを取り付けていたりする着用例、ホルスターが左腰だったり、いろいろあるのですが、今回は左腰に双眼鏡とコンパスポーチ、右腰にホルスターと拳銃用弾薬ポーチを取り付けてみました。


IMGP3056.jpg

 兵用装備のように弾薬ポーチでベルトと連結させることができないので、このようにアダプターを2本用意してサスペンダーとなるブレースに連結させます。



写真

 肩章はシャツのエポレットに差し込むタイプで少尉です。サービスドレスキャップはバラセアウールでできたレプリカ、連隊帽章はウェスト・ヨークシャー連隊、拳銃はM10で代用などなど。それぞれの部分はまた別途機会があれば記載したいと思います。

 まだ収集途上ですが、シャツ装備は涼しくて快適!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。