プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
383位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーツマス(2) ドックヤードの他の艦艇

P2245355.jpg

 閉館まで時間がないとはいえ、ウォーリアだけ見て帰るのも勿体ないので外観だけでも他の船を見ていきます。

ヒストリックドックヤードにはウォーリアだけでなく王立海軍博物館や、HMSヴィクトリー、キャラック船メアリー・ローズ号といった著名な船が展示されています。(こうやって書いてて「やはりちゃんと一日かけて回るべきだった」とリベンジしたくなる…笑)


 また、ポーツマスは今でも英海軍の水上艦艇の6割以上が拠点とする軍港であり、現役の海軍施設も多く隣接しています。
 かつては軽空母インヴィンシブルなども見ることができたようですが(2011年解体)、2017年にクイーンエリザベス級が完成するまでは英空母を間近に見るのはお預けになりそうです。(2代目アークロイヤル以来、約40年ぶりの正規空母でしょうか)
(インヴィンシブル級で唯一残っているイラストリアスも今ではヘリ空母/揚陸艦という扱いだそうです。)



P2245349.jpg

 ウォーリアが泊まっている桟橋の隣には、二隻の小型船が停泊していました。
 一見地味な船ではありますが、これらは第二次世界大戦で活躍した小型艇で、航行可能になるまでレストアされここに展示されています。

 奥の灰色の艇は、英海軍のMGB81という「モーターガンボート」に分類される艇です。「ガンボート(砲艦)」といっても速度は毎時50マイル(43ノット)と高速で、モーターガンボートは「武装が咆哮兵器だけの魚雷艇」といった感覚に近いです。実際に英海軍では、モーターガンボート(機動砲艇)はMTB(モータートルピードボート、機動魚雷艇)と一緒に運用され、沿岸防衛や通商破壊、また枢軸軍の魚雷艇などとの戦闘に使用されました。
 武装も連装エリコン20ミリ機関砲や2ポンド ポンポン砲、中には動力砲座の6ポンド砲2門など強力なものを搭載しており、20ミリ機関砲が主流だったドイツ軍のSボートが武装の強化を検討する一因となっています。

 MGB81は1942年6月に完成し、43年には他のモーターガンボートが魚雷艇に改修されていく中で、最後までそのまま運用された艇でした。MGB81は1944年のノルマンディー上陸作戦でオマハビーチに上陸する米軍の支援任務に就いています。 


 一方手前にあるものは高速艇102号で、こちらは英空軍が運用した船です。空軍がこのようなボートを運用しているのは、洋上で不時着したり脱出した搭乗員を救助するためで、実際にバトル・オブ・ブリテン以降、終戦までに約10,000人の搭乗員がこうした船に救助されています。 戦争序盤、ドイツ軍の猛攻で航空機だけでなくパイロットの数にも余裕が無かったイギリスにとって、経験豊富なパイロットの数を維持することは重要な努力でした。

 またこの高速艇は、1940年にダンケルクからの撤退作戦にも参加しており、イギリス遠征軍の兵士を本土まで輸送しています。


P2245351.jpg

 港内ランチのD49 1956年建造のディーゼルランチですが、このランチの原型は1850年台の蒸気ランチにまで遡るのだとか。
 特別なイベント時にはゲストを乗せて航行するそうです。




P2245364.jpg


P2245367.jpg

 当時の軍港を歩いているような気分になります。




P2245372.jpg

 トラファルガー海戦、そしてネルソン提督の坐乗艦として名高いHMSヴィクトリー
 残存する世界唯一の戦列艦で、「現役の」イギリス海軍艦艇としては最も古いものとして有名です。

 しかしながら、ヴィクトリーは修復作業中で、マストも途中から無くなってしまっています。
 艦内見学もツアーで行うことになっており、時間的余裕が無く今回は外観のみ見ることにしました。






P2245408.jpg

 左舷に回ってみると、船体も修復作業が行われていました。
 搭載砲の一部が陸揚げされて展示されています。





P2245402.jpg

 ヴィクトリーは三層の砲甲板に104門を搭載した重武装型の戦列艦ですが、海上を航行させる大きな木造構造物という点でも鋼製船舶と異なる重厚感があります。




P2245393.jpg

 やはり戦列艦ならではの魅力はこの装飾が華やかな船尾や後甲板でしょう。
 防御が無い部分なので弱点でもありますが、海戦絵画や船舶絵画で戦列艦を後部から描いた構図はカッコイイですよね。



P2245409.jpg


 側にはネルソン提督の像があり、フェンスの後ろは英海軍の施設になっています。


P2245381.jpg

 ヴィクトリーの脇にはモニター艦M33がドックに展示されています。

 M33は1915年に建造された艦で、第一次世界大戦のガリポリの戦いやロシア革命に対する干渉戦争に参加しています。
 第一次世界大戦を経験したイギリス艦艇で現存しているものは、ベルファストにある軽巡HMSキャロライン、テムズ川でレストランとして使われているフラワー級スループのHMSプレジデントとこのM33の三隻のみとなっています。


P2245383.jpg

 第二次世界大戦直前期にハルク船となったり、戦後は浮き事務所として使われるなどしたのち、1984年にレストアされて今に至るようです。
 



P2245385.jpg

 M33の後ろには45型駆逐艦/デアリング級/D級駆逐艦が。
 現在の英海軍の主力防空艦ですが、ナンバーをよく見ていなかったのでD33ドーントレス?それともD36ディフェンダーなのか分かりません笑
 何か甲板で工事しているようにも見えるので、2013年3月21日に就役したD36なのかもしれません。(この時は2月下旬)




P2245395.jpg

 支援艦のひとつでしょうか 現役艦艇だとは思います





P2245422.jpg

 ミュージアムショップもいくつかあります。




P2245418.jpg

 セントー級空母ハーミーズの模型がありました。大戦型空母を戦後も改装して延命しながら使用してきた老艦ですが、インド海軍でもうしばらく運用される見込みです。



P2245426.jpg

 2005年に完成したポーツマスの新しいランドマークタワー スピンネーカータワー(高さ170m、船のマストをモチーフにしたとか)
 タワーを眺めながら、この地を後にしました。





スポンサーサイト

ポーツマス(1) 装甲艦ウォーリア

P2235211.jpg

 サウサンプトン・セントラル駅から再びサウスウエストラインに乗って南へ
 (期日内なら乗降自由なブリットレイルパスのおかげで助かりました)



P2245213.jpg

 しばらく小さな田舎駅が続きます




P2245214.jpg

 ポーツマス駅へ到着
 しかし海軍モノのあるヒストリックドックヤードへ行くにはポーツマス・ハーバー駅が最寄りなので、電車がポーツマス止まりだった場合はここで乗り換えます。



P2245215.jpg

 ポーツマス・ハーバー駅を降りると、既に装甲艦ウォーリアが見えてきます。




P2245219.jpg

 2月の潮風で海鳥も寒そうです



P2245429.jpg

 軍港の街ということで日本で言うと横須賀のような感じでしょうか。
 しかし日本よりも伝統ある海事史をもつ英国の港町、子供の頃読んだ『宝島』の冒頭の海辺の町を連想させる町並みの雰囲気がよかったです。
 そういえばシャーロック・ホームズシリーズのワトスンが軍務を離れて帰国した時に辿り着いた港もポーツマスでしたね。
 


 ヒストリックドックヤードのゲート近くには海事史や海軍に関する本だけを取り扱った書店があり、覗いてみるとまた面白いラインナップでした。


 さて見学と思いきや、サウサンプトンでゆっくりしすぎてしまい、ヒストリックドックヤードが閉館まで1時間ちょっとしかなくなってしまいピンチ。(ましてや冬のイギリスは閉店時間が早まりますので)

 本来は展示されている各船や博物館、湾内クルーズそれぞれのチケットを一纏めにして買うこともできたのですが、ビジターセンターのチケット売り場のおばさんに「時間的に厳しいからどれか一つに絞ったほうがいい」と言われ、ウォーリアだけを見学することに。
 (ポーツマスも1日丸々使ったほうがよかったかも これはいつかリベンジしたい)



P2245221.jpg

 
 装甲艦ウォーリア(HMS Warrior)は1860年に進水した英海軍初の装甲艦で、世界初の航洋装甲艦であるフランスのラ・グロワールに対抗して建造されました。

 ウォーリアが建造された時代は、木造艦が技術的に完成されると同時にそれ以上の性能向上が難しくなっていた時代でもあり、その停滞を打破する意味でも、蒸気機関と防弾装甲、後装式ライフル砲といった在来の新技術をひとつの船に盛り込むという野心的な計画の下で建造されました。
 ただし、ウォーリアのような新時代のさきがけとなる存在は、後の戦艦ドレッドノートと同じように新しい建艦競争の出発点になってしまい、それ以上の性能を持つ艦が続々と生まれる中で、ウォーリアは建造10年後には技術的に取り残された存在となり、実戦で運用されること無く今に至ります。

 その後ウォーリアは資材置き場にされたり廃船寸前というところまで行きますが、1960年代から70年代にかけて保護運動が盛り上がり、博物館船としてポーツマスに係留されています。



P2245222.jpg

 船首像の存在が、この艦の建造された時期が木造帆走船からの過渡期であることを印象付けています。
 これも図面をもとに復元されたものです。

 ウォーリアの構造はこれまで蓄積された木造艦の建造技術をベースにしており、全体的に木造フリゲートの面影が感じられます。



P2245226.jpg

P2245260.jpg


 艦首から艦尾にかけて一直線に平坦な上甲板でした。元がフリゲートベースだったこともありますが、装甲板を高く積み上げることによるトップヘビー化を避けたかったようです。



P2245230.jpg

 舷側に据えられた40ポンド アームストロング砲のレプリカ。
 他の艦艇に搭載されていた同砲は薩英戦争でも使用されました。

 駐退機などありませんから、縄で砲の後退を受け止めます。



P2245235.jpg

 艦首と艦尾にはそれぞれ1門の110ポンド アームストロング砲のレプリカが旋回砲として搭載されています。
 こちらも別の艦艇によって薩英戦争で使用された砲ですが、暴発事故があったり砲煙が多い点などは嫌われていたようです。




P2245239.jpg

 上甲板の110ポンド砲はこのようなレールで旋回し、右舷か左舷の射撃位置に移動させることができました。




P2245277.jpg

 艦尾のボートの吊り方




P2245281.jpg

 砲甲板に降りると、こちらも船首から船尾にかけて隔壁などない全通式の甲板となっていました。
 これについても、従来の艦艇のように砲甲板を複数段に分けて砲を装備するとトップヘビー化するおそれがあったためのようです。



P2245303.jpg

 これらの砲甲板に搭載されている砲の種類や配置には説があるようですが、多くは8インチ前装砲だったようです。
 当初は砲丸を発射する古典的な前装砲でしたが、のちに砲が改装され、ライフリングとそれに合わせた砲弾形状の変更が行われ、前装ライフル砲になっています。(日本でも有名な四斤山砲のような形状です)

 この時期のライフル砲は後装砲も前装砲も大きな性能差は無かったようです。



P2245298.jpg

P2245306.jpg

 天井部分は砲の装具品や接舷切り込みに備えた軍刀などの収納スペースにもなっていたようです。



P2245299.jpg

 壁面に収納された小銃と砲弾



P2245325.jpg

 説明パネルなどは船首部分の一角にひっそりとある程度でした。(このパネルでも建造の契機となったラ・グロワールについて触れられています)
 その方が復元状態などをじっくり眺めることができるのですが、軽巡ベルファストの展示を見た後だったので若干物足りなかったかも。



P2245311.jpg

 ハンモックもこのように吊り下げていたのですね。
 また砲と砲の間にテーブルがあり、砲甲板中央の厨房から食事を受け取って各テーブルで食べていたのかもしれません。


P2245346.jpg

 戦列艦ではないフリゲートとはいえ、実際乗艦してみると意外と舷側に高さがあり、トップヘビー化への懸念も分かるような気がしてきました。

 ちなみにウォーリアは同名の施設との混同を避けるために、『ウォーリア1860』に正式名称が変更されています。




P2245358.jpg

 チケット売り場には大型模型も展示されています。
 ウォーリアのスクリューは2枚羽根だったのですね。




タイタニックの出港地 サウサンプトンへ

P2235166.jpg

 ボービントンの余韻に浸りながら、翌日はサウサンプトンへ向かうためパディントンを出発



P2235169.jpg

 ボービントンに向かう時と同じサウウエストラインに乗車。




P2235171.jpg

 車窓でイギリスらしさを感じながら1時間ちょっと




P2235173.jpg


P2235174.jpg


 サウサンプトン・セントラル駅に到着です。
 ロンドン・ウォータールー駅とボービントンのあるプール駅のちょうど中間あたりにある駅なので、前の日にボービントンに行く際に通過していたりします笑




P2235175.jpg

 駅を出て煉瓦塀ぞいに緩やかな坂道を登って市街地へ向かっていきます。
 こういう塀ですら日本では観光地くらいでしか見られませんよね。ブロック塀やコンクリート塀ばかりな気がします。(もっとも地震大国日本では純粋なレンガ造りがそもそも少ないのではありますが。)



P2235183.jpg

 さて目的地のサウサンプトン・シーシティ・ミュージアムに到着です。
 もともとサウサンプトンには海事博物館(Maritime Museum)という博物館があったのですが、2012年にタイタニック100週年を記念してシーシティ・ミュージアムにリニューアルされました。

 場所はサウサンプトン・シビックセンター(Civic Centre)内の西側に位置するので、シビックセンターを目指せば到達します。




P2235186.jpg

 今でこそ港湾都市としての機能は縮小してしまいましたが、サウサンプトンは17世紀から海運、貿易、軍港、造船の中心地として発展してきた街でした。
 特にタイタニックの出港地(建造地はベルファスト、母港はリヴァプール)として知られており、この博物館も主にタイタニックに関する展示がメインでした。


 一部エリア以外の撮影はできませんが、展示内容としてはタイタニックの成り立ちや構造、実際の遺品などをはじめ、事故調査委員会による査問の様子も法廷を模した展示ブースで見学することができます。
 子供向けかもしれませんが、操舵やボイラー、モールス信号の体験ブースなどもありなかなか楽しめます。





P2235187.jpg

 サウサンプトン人にとってタイタニックとの関わりは決して少なくなく、サウサンプトン出身の労働者や乗客も多くタイタニックに乗っていたことから事故に巻き込まれた人も多かったようです。



P22351852.jpg

 子供向けの撮影エリア
 乗員の制服とかは忠実ではないと思います笑


 カフェや売店もあり、タイタニック関連の書籍やグッズなどをちょくちょく買ってしまったり。
 (そういえばアカデミーのタイタニック、作りかけで放置してるなぁ)




P2235189.jpg

 サウサンプトンは港湾、また学園都市や医療の街としても知られていますが、近年はWest Quayのようなショッピングモールなど商業施設が作られるなど再開発が進んでいます。
 このまま進み旧市街を目指しました。



P2235191.jpg

 こちらの石造りの城壁の先が港のある旧市街です。

 この城壁は15世紀に完成したもので、当初は百年戦争の時代にフランスから襲撃してくる海賊に対抗するため建設が始められました。


 



P2235192.jpg

 この城壁をくぐる手前で左に曲がってみると、軍放出品を扱うサープラスショップが。
 NATOモノ中心でしたが、二階に現用英軍モノが集まっており、コマンドセーターやデザートカモシャツが3.99£でしたのでおみやげに購入。サイズも豊富でした。



P2235194.jpg

 サープラスショップ近くの通りに出てみると、土曜ということでマーケットも出ていました。




P2235204.jpg

 旧市街にあるホーリー・ルード教会跡
 この教会は第二次世界大戦中にドイツ軍の爆撃で破壊され、戦後も戦争の記憶を後世に残すため、あえて修復されずそのまま保存されてきました。

 1972年には事故60周年ということでタイタニックの乗員の慰霊碑がこの教会に移設されています。
 タイタニックに関する慰霊碑はここ以外にも各地に存在します。



P2235205.jpg

 ホーリー・ルード教会前にあるベンチもスクリューの形を模していました。 


P2235203.jpg

 サウサンプトンは昔からクイーンエリザベス、クイーンメリーといった豪華客船の母港でもありましたが、今でもクルーズ客船の寄港地となっていたりします。



P2235208.jpg

 ホーリー・ルード教会の目の前にバングラデシュ料理店があったので、そこで昼食にしました。



P2235206.jpg

 ランチはビュッフェ形式で、味もインド料理とちょっと違う味でなかなか美味しかったです。
 ウェイターさんに日本のことをあれこれ聞かれてしまい、ちょっとした雑談。 



P2235199.jpg

 観光地という訳ではありませんが、静かな港町でなかなか快適に過ごせました。




 そしてランチを済ませて、そのままポーツマスへ向かいます。

2013東京AFVの会(3)

いつの間にすっかり年をまたいでしまいました!


PC159758.jpg

今回の課題は「変わった塗装」ということで、課題部門で賞を撮られてたIII号戦車
アバディーン戦車博物館で雨ざらしに展示されているアレを再現されたようです。
塗装が剥がれてきてめくれ上がっているなど、あのかわいそうな展示の特徴がよく出ていると思いました。


PC159789.jpg

変わった塗装としてはこんなものも
この塗装、どのようなものだったのか気になります笑



PC159792.jpg

 こちらはガレージキットのチャーチルだそうです。塗装も見事でした。
 情景も坂になっていて重い戦車が力強く登っていく感じがよく出ていると思いました。


PC159795.jpg

 個人的に履帯が草地を掘り返したできた轍が、まるで宮崎アニメに出てきそうで、いまにも動き出しそうな躍動感が感じられて面白かったです。




PC159854.jpg

 知人が持ち込んだのは、AFVの会にホーカー ハリケーン!?



PC159857.jpg

 ・・・と思わせておいて実は下にあるシトロエンが主役というオチでした!

 綺麗に作られた空軍大戦略でお馴染みの二者ですが、ハリケーンは実はエアフィックスのキット。機体後部の布張りのディテールはエアフィックスがいちばん良いとのことで、自分もタミヤとニコイチで作ろうか思案中です笑
 芝生の情景に置いたら、まさに映画のワンシーンになりそうです。



PC159861.jpg

 こちらのシトロエンはもう一人の知人の作品。野戦で使い込まれた感じが出ていて、同じ車輌でも塗装で雰囲気もガラリと変わりますね。


PC159859.jpg

 もう一つ持ち込んだのは現地で施した冬季迷彩の感じがよく出ているIII突でした。




PC159772.jpg

 タミヤの1/16フィギュアを丁寧に作られた作品でした。キットには無いMGのスリングも厚みや垂れ下がり方がスケール感に合った自然な感じが出ていると思いました。

 (ただ、ひとつだけ! ベルトバックルが親衛隊のものになっているので、キットのように陸軍の兵士として作るのであれば陸軍のバックルにした方がよかったのでは、と思いました。(もしかしたら他のキットの余剰パーツを流用されたのかもしれませんが))


PC159770.jpg

 こちらの作品、作ったのがなんと小学生というから驚きです。
 兵士の塗装も上手だし、徽章までちゃんと仕上げていてスゴイ
 
 (自分がこの年の時なんて、車輌ですら塗装しないで組み立てて終わっていたのに!笑)



PC159774.jpg

 こちらはペリリュー島の戦いのビネット
 草木の素材をかなり工夫されていて、個人的にはテレビ映画の『ザ・パシフィック』のペリリューのような雰囲気を感じました。



PC159777.jpg

 こちらのフランス兵のビネットはレジンキットにタミヤのキットの装備品を用いたそうで、丁寧に塗装されておりました。サイドカーの出来も見事なものでした。



PC159780.jpg

 こちらも同じ方のソ連兵の銃剣突撃シーンのビネット
 マスターボックスのキットは自分も最近になって初めて知ったのですが、そのまま組んでも絵になるポージングが多く、今後も多用していくことになりそうです。

 兵士の工作や塗装だけでなく情景もしっかり作られていました。フィギュアがちゃんと地に足がついていて、実際にフィギュアの形と比較しながら情景を作られたんだろうな、と思いました。(坂を駆け下っているシーンの見せ方もいいですね)

(基本的なことではありますが、たまにフィギュアが"空中浮遊"しているかのように地面から浮いて固定されてしまっている作品を見ると、「ああもったいない」と思うこともしばしばなので、つい気になってしまう点なのでした。)



PC159873.jpg

 こちらは各国の空中勤務者を集めたフィギュアたち。緻密に塗装されていて素晴らしかったです。


PC159784.jpg

 フライトジャケットのファーの影まで細かく塗装されていました。


PC159786.jpg

 こちらの兵士はタバコから煙が出ていたりと、細かく見ると面白い作品ばかりでした。
 


PC159733.jpg

 そして大賞をとられていたこちらの大型ジオラマ
 昭和の町並みと、そこを通過していく自衛隊という構図で会場で一番目を引いておりました。

 道路が綺麗な点も、逆にそれが博物館などで展示されていそうなレトロなジオラマの雰囲気が出ていたような気がします。
 かなり短期間で制作されたそうですが、これだけの大型ジオラマを完成させてしまうだけでも圧巻でした。
 (交通標識やショベルカーなどがちょっと現代っぽく見えてしまったかも笑)



PC159754.jpg

 こちらのバスの「西武バス」の文字も、印字されているものかと思っていたのですが、近くでよく見たらなんと手書きでした。
 この小さなスペースに綺麗に等間隔に字を書くのもスキルなのかもしれませんね笑



PC159787.jpg

 こちらは広さも高さもインパクトのある情景で、マーケット・ガーデン作戦で英空挺が投降する場面のようでした。
 (輸送事故で破損してしまったのかもしれませんが、フィギュアが横倒しに雑然と置かれてしまっていたりしたのがちょっと残念だったかも)



PC159788.jpg

 こちらのパンター、なんとタミヤのモーターライズのA型をここまで作りこまれたものだそうです。構図も面白いレイアウトでした。
 (建物の壁が大きさに比して薄く感じたのと、瓦礫が崩れた場所に多く溜まるようにしたり、家具や内装品のようなものも瓦礫に混ざっているとより自然な感じになるかも、と個人的に感じました。)



PC159829.jpg

 鬱蒼とした森林にダークイエローの迷彩が対比して目を引いたパンツァーベルファーです。
 塗装も細かく、後部に積まれた偽装網もスケール感のある取り付け方がされていると感じました。


PC159799.jpg

 遺棄されたT34とドイツ兵のジオラマで、雪解けの泥濘感が出ている作品でした。
 (トイガンで親しんでいる身としては、98kのスリングの取り付け位置がちょっと気になってしまいました笑)




PC159801.jpg

実際の写真をモチーフに作られた情景だそうで、車輌やフィギュアの工作はもちろん、茅葺屋根の農家など情景の工作も見事でした。


PC159802.jpg

 兵士の塗装も印象的でした。
 青ひげのある兵士の塗装、自分はなかなかできないので参考にしたいですね。


PC159721.jpg

PC159722.jpg

 こちらはAFV・・・というより艦船のジオラマな気もしますが、アドリア海のジオラマなどは紅の豚を連想された方も多そうな気がします。まさに箱庭のようなジオラマで、レストランなどに飾っても絵になりそうでした。
 




PC159723.jpg

 車輌のサビ具合だけでなく、半ば地中に埋もれつつある薬莢や部品など、遺棄されて時間が経過した感じがよく出ている作品でした。木箱の壊れ具合も自然な感じで素晴らしいと思います。端で見上げている従軍経験者らしき老人もまた時間の経過を感じさせますね。



PC159725.jpg

 こちらの列車輸送で到着したパンターのジオラマも迫力十分でした。パンター3輌に列車の工作だけでも大変そうですが、フィギュアや情景も含めてこれだけの作品を作り上げてしまうパワーがひしひしと感じられました。


PC159726.jpg

 コンクリートの土留めで応急的に作り上げたホームが野戦らしさを出していて雰囲気が出ていますね。
 PKが撮影している風景もいいですね。
 (パンターの偽装網が浮かないようにエンジンデッキに密着していると、よりスケール感が出るかもしれませんね。)



 このような具合で作品を見学してまいりました。
 (ピンぼけしてしまった写真も多かったので、次はマクロレンズ持って行こうと反省しています。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。