プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
474位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ  [ 2014年07月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェドーラ帽(Fed IV)

IMG_20130831_161840.jpg

 やっぱりマトモなフェドーラが欲しかったので、いただいたアドバイスを元にオーストラリアのお店に注文してみました。(ありがとうございました)



IMG_20130903_003717.jpg

 映画仕様のシェイピング等はやっていないようだったので、クラウンはそのままの状態で到着。
 ブリムの反り返りはやや控えめのようにも思いました。素材はラビットファーフェルトでした。



IMG_20130903_003745.jpg

 内装。メーカーはアクブラ社です。



Aust_soldiers_Wewak_June_1945.jpg

 アクブラといえばオーストラリアの老舗帽子メーカーですが、英軍やオーストラリア軍などのスラウチハットを納入しているメーカーとしても有名ですよね。



IMG_20130903_005833.jpg

 ヤカンでお湯を沸かして、蒸気に当てて柔らかくしながらシェイピングしていきます。



IMG_20131110_202128.jpg

 どの作品のどのシーンのフェドーラにするか、あまり定まっていなかったのですが、ひとまずこのように。
 ある程度方向性が固まったら、再度シェイピングしようと考えてます。

 以前買った下にあるドーフマン製の「オフィシャル」のフェドーラですが、これについては映画のセンタークリースと異なるティアドロップクリースだったり、クラウンが低くて前から見ると台形に見えるといった欠点が際立って見えるようになってきて黒歴史装備と化してますが、破損を気にせず使う時用に持っておこうとは考えてます()




PA128998.jpg

 レトロの会で、各自持ち寄ったフェドーラを並べてパチリ。
 "サバゲ"チームのはずが、このようにどんどん非武装路線に突き進んでおります。こっちのほうが野戦で泥まみれになるよりスマートでヨイのです()




PA129055.jpg

 逆光気味ですが、そんなレトロの会ではこんな具合でやってました。特にインディというわけではないのですが、クラウンの高さや立ち上がりが昔のフェドーラっぽくて好みだったので着用。
 まだ暑さの残る10月初旬だったので、リネンジャケットで船客っぽく遊んでいました。



IMG_20130909_112557.jpg

 ドイツ旅行の時も着用してみたり(最後の聖戦ごっこ)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。