プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
463位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリップハンドル

なんか思ったより作るのが難しくて難航しておりますが、少しづつ作ってます。


tk_37_a_lk_26_177.jpg

今回は↑の写真にあるような、銃を実際に撃つときに保持するグリップハンドルを作ります。
日本の92式重機関銃にも同様のハンドルがありますので、それに近いものです。





あぎゃ・・・

NEC_0345.jpg

うーん、これが精一杯。
フレームとかトリガー(というよりボタン)の造形を、まだちゃんと作ってないのもありますが、ドリルの他は手工具がメインという、マニュファクチュア的な我が兵器工廠では、実銃に似せるのすら大変で、遠目に見てそれっぽい物を作るので限界です。


実銃はグリップの太さがこんな均一ではないんですが、それでもなんとか端っこのほうを少し細くするように加工してます。ナイフと彫刻刀とヤスリでは仕方ない。



NEC_0344.jpg

グリップは角度を変えられるので、折りたたむこともできます。
ただグリップ基部の張り出しが足りなかったため、キッチリ折り畳むまではいかなかったり。

グリップの溝は模型用のリューターで削っておりますゆえ、近くで見るとハンドメイドっぽさが目立つかも。




NEC_0348.jpg

現状での完成率はここまで。
バッテリーを繋いで弾をこめれば、発砲はできます。

つまり内部ユニットの作動はいいようなので、あとはガワを作るだけということなんですが、こっから先が大変そうだ(^q^)




NEC_0346.jpg

トリガーを押すとこの黒い部分が連動し、メカボのスイッチを押しこんで通電→発砲という感じです。
スイッチがしっかり押されるように、黒い部品の先端にウレタンを張っております。
スプリングを取り付けて、押せばちゃんと戻るように調整。



とりあえず、撃てる銃には完成できるように、ある程度のディテールは妥協せざるを得ないかもしれません笑
電動ガンとして完成させた後に、ディテールをなんとかしていこうと思います。




PS

最近の作業用BGMから




「金日成大元帥万々歳」などとあまりにストレートなタイトルではあります。
歌詞と内容はさておき、これはなかなか名曲だと思うんですが、これを聞いて作業すると「強盛大国建設のために全てを捧げよう!」みたいな感じで作業効率が45%上昇します。(筆者の偏向主観的計測による)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

Comment

Re: タイトルなし

実銃がマイナーなので資料が少ないのもあるんですが、
写真だけだとどういう構造かわかりにくいのも大きいですね~。

素直にMG08とかM1919にしとけばよかったかも笑

ちょ、BGM(笑)

内部は良い感じみたいですね。

やっぱりガワづくりは大変ですよね(汗)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。