プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
463位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民党軍 階級章

2009_5_22_27586_9327586.gif

国府軍の襟章一覧図だそうです。



2009_5_22_27565_9327565.gif

↑36年~42年ごろまで中央軍系の部隊で用いられた、綿製のカーキ夏期軍服の徽章装着例。
一応、八路軍や地方軍に多い水色軍服も若干ありますが、画像が小さいのでなんとも。





IMGP1725.jpg

受領した自作襟章。
http://blogs.yahoo.co.jp/g149162536496481/33277339.html



IMGP1755.jpg

とりあえず、自分は下士の階級章を希望し作ってもらいました。
なかなかいい出来。



IMGP1754.jpg

襟章や、師団章、名札に関しては取り付けもいろいろあるらしい。
襟章は後期からは襟の裏側に付けて隠していたとか。

師団章や名札は縫い付けもあれば、ピン止めしてることもあったようです。
戦闘中には防諜上の理由から裏返しにして、スローガンの記載されている方が見えるようにすることもあったようで、簡単に付け替えられるようにするためのピン止めみたいですね。

あと、襟章や師団章は表側ながら、名札だけ裏にしているといった着用例もあるようで、このあたりの基準はよく分かりません



IMGP1756.jpg

いずれにせよ、兵用の名札は持っていないので、名札に関しては裏返しにして使うしかなさそうです。
スローガン部分は印刷会社以外はだいたい共通の模様。


2009_5_22_27632_9327632.jpg



fsl_001-img600x450-1223063476385487_____908-4.jpg
将校用(歩兵中尉)になってしまいますが、徽章類はこのような感じだそうです。
将校用の襟章のフレームは真鍮の一体成型で、安全ピンが付いたバッジ型みたいです。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

> ロリスキー・ペドーエフさん

はじめまして
資料が少なくまだ勉強中のところもあって、情報の正確性にはまだ裏付け不足なところもありますが、国府軍装備の一つの例としてどうぞ参考になさってください^^

初めまして、Friedrichさんの所から来ました。
私も国民党軍に興味が有るのですが参考にしても良いでしょうか?

Pauls様
なるほど!そんな手があるんですね!!^^
是非是非大東亜共栄圏へどうぞww

共産ゲリラの殲滅も重要な任務ですよね!
しっかり?よろしくお願いいたしますww

> Friedrichさん

なかなか出来がいいので重宝していますw

そうなれば、汪兆銘政権国民党軍ならほとんど軍装が変わらないので、大東亜共栄圏に与することはできます(笑)

ただ、対共産ゲリラ戦のみで、ほとんど日本軍と共同作戦をとることはなかったみたいですが^^;

襟章の補給ルートも確保して、準備万端ですねww
国府軍の軍備拡張に焦りを隠せません^^

まつざきさんが満州国軍になったら関係は複雑化しますね(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。