プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
463位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

國軍武器事情:モーゼルC96

1248247939065.jpg


 抗戦期の國軍を象徴する武器と言っても過言ではないのが、C96などのモーゼル大型拳銃シリーズです。
 中国では、特徴的な箱型弾倉(或いは固定ストック兼ホルスターの箱型形状)から「盒子炮(ごうすほう=Box Canon)」と呼ばれました。



 これらの拳銃の導入は、20世紀初頭に中国の内戦で火器需要が高まり、ドイツなどよりモーゼルC96が大量に輸入されたことがきっかけで、その後中国国内でもライセンス・コピー生産され、多くのバリエーションが使われました。


 中国では漢陽兵工廠で1926年に作られたC96(7.63mm)を筆頭に、鞏縣兵工廠、大沽造船所、重慶武器修理所、山西軍人工藝實習廠、衡陽軍械局等など中国各地でライセンス・コピー生産され、生産量は100万挺以上と言われます。


 軍閥の閻錫山(えんしゃくざん)の支配下にあった山西省では、太原兵工廠でトンプソン短機関銃が生産されており、トンプソンで使用する.45ACPと弾薬の共通化を図るため、.45ACP仕様のモーゼルである山西17式と呼ばれるモデルも生産されました。
 (その一方でモーゼルと同じ7.63mm弾を使用するバナナマガジンのトンプソンなども作られています。) 
 これらは戦後も共産党による製造禁止命令が出るまで生産されています。


 また中国を武器市場として重視していたのはドイツのモーゼル社よりむしろスペインのアストラ社で、アストラではM900と呼ばれるフルオート機能を搭載したカスタムモデルを販売したところ、中国側からは短機関銃を補完できる武器として歓迎されて非常によく売れました。これに触発され、本家モーゼル社もM1931(M713/ライエンフォイアー)というフルオート射撃が可能なマガジン着脱式モデルを開発し、それを改良したM1932(M712/シュネルフォイアー)を中国に輸出しています。

 これらのフルオート射撃可能なモーゼル拳銃は「快慢機」(kuài màn jī 快速な機械)と呼ばれ、また20連マガジンを装着したものは大肚盒子炮(だいとごうすほう)とも呼ばれ兵士に親しまれました。「大肚」は「太った腹、でぶ」を意味しますが、連射機能と装弾数の増加で弾薬消費量が増えた点に「大肚子」(大飯ぐらい)という字を彷彿とさせるニュアンスも感じられます。

 とはいえ、さすがにフルオート射撃中の反動制御は難しく、セミオートで撃つ際でも遠距離を狙うにはストックの着用が望まれた銃なので、フルオート射撃は近距離戦や緊急時に弾幕を張る手段として使うのが有効でした。銃を横にして、反動を利用しなぎ払うように撃つ「馬賊撃ち」がその応用例でしょう。


P8291404.jpg

軍史館にて
ストック付きの1928年製漢陽造マウザー 7.63mm仕様





IMGP2276.jpg
こちらも國軍歴史文物館にて

このようなカービンモデルも中国で生産されています。




cgc1.jpg

徳式(ドイツ式)装備の中央軍兵士




42071_1255902_25.jpg

抗日電影における小道具の代表格です




 さらに、ソ連でライセンス生産された4インチモデル、通称"ボロモーゼル"も中国に輸出され大量に使用されています。

朱在“八一”南昌起義時使用的警用毛瑟手槍
後に人民解放軍健軍の父と呼ばれる朱徳が1927年8月1日の南昌蜂起の際に自衛用に所持していたとされるボロモーゼル




female soldier from guerrila unit armed with a mauser pistol (china 1939)
共産党軍の女性兵士(1939)



1248248266763.jpg
同じく女性兵士たち。





Chinese soldiers on the battlefield in defense of Changsha, 1941
1941年に第一次長沙作戦を発動し進撃してくる日本軍に対し、防御戦闘を展開する国府軍。
奥でストック付きのモーゼルを構えている兵、また手前にもクリップ装填しようとする姿が見えます。
前から二番目の兵士はフランスのホチキスM1922軽機関銃を使用しています。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

> どなるさん

弾帯は中国からレプリカが販売されてますね



> ロリスキー・ペドーエフさん
ソ連、満州国軍、または鹵獲・準制式化という意味なら日本軍でも使用例はあるので、設定を上手く固めれば!

金日成率いる抗日パルチザン装備なんてのも面白そうですが。


モーゼルは中国で多く使用されたと聞きますが・・・
国府軍、武装親衛隊位にしか使えないから買うに買えないんですよね(軍資金不足)。

あと装備出来るとしたら・・・MGS3のEVA装備?(そもそも俺は男だから無理)

ないですかね

モーゼルを装備している中国軍兵士は、よく腹部にスペアのクリップ入れる革パウチを付けていますが、なかなか売っていなくて中田商店には昔あったそうですがもう品切れでありません。
高く値段が付きそうですがレプリカで買いたいです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。