プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
339位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北旅行記(7)

IMGP1967.jpg

商店街が閉まっているので仕方なく台北駅でMRT板南線に乗って市政府駅を目指すために。
台北に来たからにはランドマークタワーである台北101へ行くことに。

台北から板南線に乗ると途中に「忠孝◯◯~」という名の駅が3つくらい続く。
「あれ、いまどの駅だろう?」と思って旅行ガイドの路線図を見ていると、隣で携帯電話で話していたOL風の女性(MRTは飲食禁止だけど携帯電話は小声ならOK)が、自分の読んでいたガイドに手を入れてきて、「台北101ならこの次の駅で降りるのよ(中国語わからないからニュアンス的に多分こんな感じ)」と親切にも教えてくれた笑
日本語で書いてある本を読んでいたから目についたのだろうけど、知らない外国人にフレンドリーに話しかけてきてくれる台湾の国民性に好感を持った(笑)




IMGP1970.jpg

市政府駅には台北市政府(日本で言う都庁みたいな場所)といった公官庁や、台北101といった観光スポットもある。
そして阪急やそごう、三越といった日本の百貨店が数多く立ち並んでいてまた驚かされるw
特に三越は規模の大きさが日本の比ではなく、この後デパ地下でお土産の菓子やお茶を買うことになる。
日本人客が多いからか接客も凄く、お菓子屋のオバちゃんに最初に中国語で話しかけられて、自分が「Sorry Japanese」と返すと、すぐさま日本語に切り替えて商品を勧められた時は笑ってしまったw
またその隣のお茶屋で土産に高山烏龍茶でも買おうかと思って入ったところ、売り子の娘さんに試飲を勧められているうちに30分ぐらい話こんでしまった。
中学レベルの文法さえ身に付いていれば英会話はなんとかなるものだと思いつつ、もっと勉強して語彙を身に付けておけば表現豊かに会話できたなぁ・・・と後悔するw




IMGP1972.jpg

500mもの高さとなると遠くからでも目立ちますね。
2004年の完成時にはギネス記録の高層建築物だったのですが、現在ではドバイのブルジュ・ハリファに抜かれてしまっています。それでも非常に高い建物です。

宝塔と竹の節をイメージして作ったようで、何か祝い事があると『節』の部分から花火が打ち上げられるそうです。
2011年は中華民國建国100周年なので、建国記念日には何かイベントがあったかと思います。
では2012年は101周年だから台北101と何か関連イベントがあるのかもしれませんね。



IMGP1980.jpg

ビル内部はオフィスエリアなので、観光客は隣のエレベーターのある建物からしか入れません。
中にはブランドショップが立ち並んでますが、地下にはフードエリアやHANGTENのような安価なチェーン店もあり、いい感じのハーフパンツが2つで700元(2000円)とかだったのでついつい。
買いすぎても免税処理できますので安心です。


IMGP1987.jpg

当日は雲がかかっていたので視界は完璧ではありませんでしたが、440mの展望台や、さらに上の449mの屋上から市街地を見渡すと思わず息を飲んでしまいますね。

『レシプロ機が低空戦闘に入るとしたらだいたいこの位の高度か・・・Yak-9が出てきたら厄介だなぁ・・・』などと考えてしまう変態ではありますけども。



IMGP1989.jpg

展望台内は台湾の歴史や文化の展示におみやげ屋など。
ここにあがるエレベーターは東芝製で速度は世界一らしく、かつコインを立てても倒れないほどの低振動だとか。(試してないけどw)
エレベーターには37秒のカウントダウンがあり、ガイドが中国語日本語英語で案内してくれたり。
設計は台湾で、建築には日本企業が中心に多く参加しているそうです。





IMGP2010.jpg

地下で食べた牛麺
味は・・・種類にもよるのかもしれないけど、台北地下街で食べたもののほうがおいしいかも。
というより、台湾の食べ物は全体的に日本人の好みと合致しにくいかもしれない。
四川料理とかにあるような辛さでもなく、塩味でもなく・・・みたいな。(逆に台湾人からは日本の食べ物は塩辛いのだそう笑 とはいえ『日式ラーメン』や寿司のチェーン店はあったので、現地で言う日本式がどんなものなのか食べてみればよかった笑)
今回はそこまで食べ回ったわけではないので、次回はグルメにも力をいれたいですね。



IMGP2012.jpg

9月30日に『賽克・巴萊』(『セデック・バレ』)という映画が公開されるということで、MRTの駅や各地でさかんに宣伝してた。
霧社事件(第2次)という1930年に日本に対して蜂起した台湾先住民の話なのだそうだ。
制作サイドとしては抗日の歴史を扱ったものではあっても、大陸の戦争映画にありがちな極悪非道の日本兵などが登場する『反日映画』ではない点を強調しているようで、製作年月も12年前編後編で4時間以上と大作になっていて力の入れようが凄い。
セデックという所謂首狩り族の話だけに、あまり知られない台湾先住民の歴史も面白そうですね。

(門外漢だから分からないけど、この日本軍の軍装はなんか違う気がw)


http://www.youtube.com/watch?v=OVDqI-STFRg
映画のPV

つづく
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。