プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
407位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウザーピストル用ストック

中国から国際郵便が到着

IMGP2843.jpg


最近海外通販でよく目にするマウザーのストックホルスターのレプリカです。

やはり國軍ならばストックは欲しいところです。
中国製ストックが50ドルとお安いので買ってみたのでした。



IMGP2844.jpg

P8291404.jpg

このレプリカ、博物館にあった実物とほぼ同じデザインみたいです。





IMGP2848.jpg

革ストラップは本体とまた違うデザイン
解放軍のAKスリングと同じアルミパーツでしたので、流用でしょうか。






IMGP2847.jpg

トイガンとの接続ですが、取付金具がマルシンやフジミのマウザーと寸法が異なったため、ヤスリで調整してなんとか取り付けられるようにしました。




IMGP2849.jpg

と思ったら、今度はストックへの収納も寸法違いでキツキツ
こっちも彫刻刀で削ってどうにか収納できるようにしました。




IMGP2852.jpg

というわけで今は絶版のフジミのマウザーをとりつけ。
HOPはかかりませんが、BV式のため連射ができる面白い銃です。マルシンのガスブローバックが出るまでは、『実銃と同様にちゃんと連射できるM712』といったらフジミのマウザーだったようですね。


ストック取り付けのレールはフジミの方がゆとりがあり、取り付けやすかったです。




IMGP2850.jpg

フジミマウザーの寸法はマルシンのコピーなので、どちらかの大きさに合わせてしまえばストック内にすんなり入ります。




IMGP2851.jpg

手持ちのモーゼルとそのグッズ。
マウザーはマルシンのリニューアル固定ガス、フジミ、ハドソンのモデルガンです。
ハドソン製はレールがただの溝なのでとりつけできませんし、寸法もやや大きいので収納も不可です。


革ホルスターはやはり実戦で使ってる写真を見かけないのが難点でしょうか。
戦後の解放軍ならば同型のモノは使ってるんですが・・・。




7597765_1496507358_35large.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。