プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
480位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

國軍武器事情:アメリカ製拳銃(回転式拳銃)

・左 H&R .22LRリボルバー
・右 コルト オフィシャルポリス .22LR

IMGP2250.jpg

上の写真はどちらも.22LR弾を使用するリボルバーです。
弾の威力からしても、軍用というよりは警官用拳銃が主だったものと思われます。



400px-ColtOP5.jpg
(Colt Official Police .38Special)

コルトオフィシャルポリスは1927年に生産された拳銃で、.32や.38スペシャル、。41ロングコルトなど各種弾薬型が生産されており、アメリカの法執行機関で使われたほか、第二次大戦中には自動拳銃不足を補うために米軍でも使用されています。
ただ同時期にコルトは法執行機関向けにポリスポジティブも生産しており、米国ではこちらのほうがメジャーだったようです。

こうしたアメリカの警官向けリボルバーは中国でも警官が用いていたほか、軍用でも後方任務の護身用などに用いられていたものと思われます。

400px-B_or_B_4.jpg

映画におけるアメリカの戦間期の警官




・左 コルト ニューアーミー&ネイビー
・右 コルト M1917


IMGP2251.jpg

 コルトニューアーミー&ネイビー(Colt New Army&Navy)は軍用拳銃としてM1889、M1892、M1894、M1895、M1896、M1901、M1903、M1905と多数のバリエーションを持つほど成功した拳銃だったものの、軍において使用弾薬の.38ロングコルト弾の威力が疑問視されるようになると、米軍ではコルトM1909のような.45リボルバー、またM1911のような.45ACPの自動拳銃にとってかわられ、警察においても上記のコルトオフィシャルポリス(.38スペシャル)に置き換えられてしまった拳銃でした。この余剰分が中国に流れたものと思われます。


 コルトM1917は第一次世界大戦に参加したアメリカが、M1911の生産が追いつかないため急遽同じ.45ACP弾を使用するリボルバーとして生産させたもので、同じ理由で製造されたS&W M1917と共に米軍で使用され、第二次世界大戦でも初戦においてパイロットや海兵隊で使用されていました。 自動拳銃用の.45ACPは薬莢にリムがないため、リボルバー用としてはエジェクターにひっかからないため排莢する上で都合が悪く、急遽ハーフムーンという補助器具が作られています。
 中国には援助物資として贈られたようですが、コルトM1917の記述はあっても、S&W M1917に関する記述が見当たりませんでした。何らかの理由でコルトM1917だけが支給されたようです。




・S&W M10

ミリタリー&ポリスの愛称でよばれる.38スペシャルを使う軍用・警察用リボルバーです。
後方任務向けに米軍でも用いられています。
42年から44年にかけて生産されたものはシリアルナンバーのVをとってビクトリーモデルと呼ばれ、イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド 南アフリカにレンドリースされています。
ビルマなどの英式・美式装備部隊でも装備されましたが、戦前に輸入されており国産化もされています。(下記参照)


#20822;州#25112;役#32564;#33719;国民党#20891;旅#38271;#23385;#28949;才的美国史密斯-#38886;森#36716;#36718;手#26538;

#21016;少奇在解放#25112;争#26102;期使用的美SW#36716;#36718;手#26538;(解放戦争期)

#26472;尚昆使用的#36716;#36718;手#26538;32口径(解放戦争期)

これらは国共内戦期に国民党軍から共産党軍によって捕獲されたもの。




・国産型38口径リボルバー

中国で製造された、上記のS&W M10の国産型です。




P8291397.jpg

軍史館にて(2012)





関連記事
スポンサーサイト

Comment

装備にしたい

軍用リボルバーはオートよりも影が薄いので、地味にリボルバーを装備としておきたいです。 なんてことを言っても実戦では非力です・・・。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。