プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
375位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルメット(M1型)

IMGP2738.jpg

というわけで、ヘッドギアはやはり状況中は基本的にヘルメットということで、こちらも買いました。



taiwanese-soldiers-guarding-patriot-missle-launcher-280x422.jpg
↑パトリオットミサイル(PAC-2 ”愛國者飛彈”)の操作要員
(よく見るとベルトも米軍のM56型の旧型です)


現在台湾軍では、米軍のPASGTヘルメット型のフリッツヘルメットが用いられていますが、こちらのM1ヘルメット型のものもまだまだ見かけます。
現在の日本の自衛隊の88式鉄帽と66式鉄帽の関係に似ているかもしれません。
(一般的に歩兵装備の更新は優先度が低くされがちなので仕方のないことではあるのですけども)

(筆者はPASGTのレプリカヘルメットは持っているので持っていないM1型を買ってみたのですが、現地でPASGT用の迷彩カバーを買うのを忘れてしまいました!w)




IMGP2731.jpg

ただ素材はプラスチック製のもので、鋼鉄製ではありません笑
値段はシェルとライナー合わせて580NTD(1500円程)だったかと記憶しています。

自衛隊にも訓練用に樹脂製の軽量ヘルメットがありますが、これもその手の用途なのでしょうか。



IMGP2735.jpg

カバーは薄手の生地にゴムバンドという至ってシンプルなものです。
破れそうで不安w




IMGP2732.jpg

ライナーの内張りは実物と異なり、マジックテープ式の安価な作りのものです。

台湾軍のヘルメットの内張りがM1と同型なのかは分かりません。



IMGP2734.jpg

シェルとライナーは分割可能です。

ちなみにチンストラップはありませんでした。
米軍のM2ヘルメット用のもので代用を検討中です。



IMGP2733.jpg

中国語で耐久性に関する注意書き
もちろん防弾性はありませんw


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。