プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
446位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジオラマ:反攻第一陣

とりあえず、なんとか展示に間に合うように完成させたのが以下の通りです。

PB221871.jpg

 今まで少し大型のジオラマばかり作ってきたので、今回はカッチリと、コンパクトにまとめたものを作ってみようと、このサイズになってます。(←部屋の収納スペースという事情もあるのですが・・・笑)
 ただしそれゆえに、作る前に想定していた「道路脇の街路樹の陰に隠れている戦車」という構想と離れてしまった気もします。



PB221875.jpg

 44年のノルマンディーにおけるSS装甲師団の連合軍への反撃、接敵機動を想定しているので『最初の反撃』というタイトルにしていますが、製作時にどの部隊かを指定して作っていなかったので、やや曖昧なタイトルになっています^^;




PB221889.jpg


CA390243.jpg


 歩兵キットの設定は第9SS装甲師団なので、これにしてもよかったのですが、マーキング等に自信がなかったので有耶無耶に笑
 歩兵は全てドラゴンの素組みなのですが、敵の気配を察知してアンブッシュしたり、味方の戦車に位置を示すシーンを想定し、キットの箱絵とは異なる配置にしてみました。
 ただ、自分で塗った迷彩とはいえ、ヒストリカルイベント等でSSの迷彩効果を実感している自分としては、「模型でも迷彩効果を再現できないか?」と思うところがあって制作したので、実際に作品を見てもらった方から迷彩効果に関する感想を頂いた時は嬉しく思いました・


PB051839.jpg

 ドラゴンのGen2、発売されたのは大分前のことですが、やはりそのディテールには驚かされます。MP40ひとつとっても、昔のタミヤならば上のようにストックを折りたたんだ状態、ドラゴンの旧キットでもフォールディングストックを展開できてもスケールとしては幅が広すぎたりしたのですが、Gen2となるとここまでになるんですね・・・。



PB051841.jpg

 塗装した分隊指揮官を乾燥中の図。 塗装はアクリルとエナメルです。 歩兵の塗り方というものが、どうやったらいいものかなかなか分からず、塗装技術があまり進歩していません^^;
 MP40や小火器のスリングはキットに真鍮製のパーツが付属していたのですが、革のたるみが再現するのが自分の技術では難しかったので、細切りにした紙に接着剤を染み込ませて作っています。



PB121858(2).jpg

 迷彩塗装も簡単なようで難しいですね。迷彩見本を見ながら塗装しても、「工業製品らしさ」というか、均一感のとれた塗装がなかなかできず苦戦しています。



PB121850.jpg

 今思えば、このアンブッシュしている兵士は、顔の角度をもう少し上に上げるように加工すればよかったと反省。(情景と比較しながら作らないからこういうことに・・・笑)


PB221874.jpg

 戦車兵はタミヤのIV号に付属していたものをちょっと改造しただけです。右手は角度を変更して、左手はパテで自作してみました。
 状況中にハッチから大きく身を乗り出すのも不自然かと思ったので高さも調整。

PB221892.jpg





 ジオラマのイメージとしては、ドイツ週間ニュースのノルマンディーにおける第12SS装甲師団の報道映像で、草原地帯を疾走するIV号の姿を見たのと、エリック・ルフェーブル著『パンツァーズ・イン・ノルマンディー』の記録写真を見た印象が大きく、それらの中で偽装をふんだんに盛ったIV号戦車が印象的だったので、ミニネイチャーを活用して偽装をつけてみようと思ったのですが、「素材を盛っただけ」というやっつけ仕事感が残り、「戦車兵が取り付けた」感じが表現できなかったように反省しています。




PB221895.jpg

 車輌のディテールアップは、チェーンを艦船模型用のパーツから流用し、フェンダーを固定するスプリングも模型店で購入したバネを用いて使った程度で、あとはプラ板などで自作できる範囲のものを作りました。



 PB221881.jpg

 車体後部はワイヤー束縛用のチェーンとフックを取り付けたくらい。シュルツェンはキットだと接着するだけですが、銅線で取り付け用の金具を自作し、実物のようにステーの三角形部分に引っ掛けて取り付けています。一応キットのシュルツェンは薄く見えるようになっているのですが、それでも上から見ると角度がついている部分が目立つのでヤスリがけしてなだらかにしています。やはり全てのシュルツェンが一固まりに一体成型なので、実車のような実感とは異なるかもしれませんね。(とはいっても真鍮板で自作できるような腕は無いのですが)



 PB221899.jpg

 木陰がいい具合にできたでしょうか。
 なんだかんだで5年ぶりくらいに完成したジオラマでした(笑)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。