プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
246位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012東京AFVの会(1)

11月23日に下北沢の東京AFVの会に見学&出品してきました笑

PB231906.jpg

 中学生ごろに1度行って以来の参加だったので、なつかしく思いながら会場へ。今回は会場スペースが前と違う場所になっていたことと、例年以上の参加者もあってギュウギュウ詰めでした。そのため、混雑で全てをゆっくり見て回るのが大変ではありました。
 おもしろい作品が多くありましたので、模型技術が未熟な自分ですが、気になった作品をピックアップしてみたいと思います。




PB231903.jpg
 装甲板の継ぎ目やリベット周り、履帯の錆塗装やケガキが印象的なMk.A ホイペットでした。履帯のサビた部分と、こすれて金属がむき出しになった部分のグラデーションが、WWI戦車の特徴的な履帯の形と相まってリアルに感じました。




PB231900.jpg
 インディペンデント重戦車 個人的にボービントン戦車博物館のダークグリーンのイメージがあっただけに、明るめの塗装でのずっしりとした重量感が印象的でした。こういう塗装法は自分としても見習いたいです笑




PB231905.jpg
 フェアリー企画のスミダ式装甲車報国1号、意外と組みやすいキットなのですね。リベットうちされた装甲板やソリッドタイヤのゴムの質感は真似してみたいですし、大陸戦線の情景を作ってみたい自分としては興味の湧いたキットでした。
 



PB231948.jpg
 チハに海軍の12センチ高角砲を搭載した自走砲。たしか本土決戦用に試作されたのでしたっけ。写真だけでなく立体模型でこのようなマイナー車輌を見られるのも面白いですよね。




PB231942.jpg
 タミヤの1/48 IV号対空戦車ヴィルベルヴィントとIII号突撃砲を合体させてスクラッチした48のIV号突撃砲だそうです。たしかにそういえば48でIV突は出てないですよね。




PB231946.jpg
 砂埃のつき方がよかったメルカバでした。自分もT-55やら59式を積んでいるので、中東や砂漠の現用戦車の汚れ方というものを勉強しておかねば・・・と感じました笑




PB231962.jpg
 クロアチア軍仕様のT34 T34というとWWIIの単色のイメージがありますが、迷彩塗装になるとイメージがガラっと変わるのですね。塗装だけでなく、クロアチア兵とM2など戦後らしいアクセントが際立っていました!




PB231939.jpg
 カナダ軍のラム巡航戦車 M3をベースに生産された戦車ですが、車体や砲塔の鋳造の質感がいいですね。自分は鋳造の表現が苦手なので参考になりました。



PB231958.jpg
 AFVクラブの限定キット、國軍のM5軽戦車"金門之熊”を作られている方がいました! 自分もキットそのものは持っているのですが、塗装を参考にさせていただきます笑 いつか金門島を現地指導したら作ってみようとまだキット温めてたり。
古寧頭の戦いでの活躍や、金門の博物館の情景を作ってみたいですね。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。