プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
375位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

國軍武器事情:マドセン機関銃

・マドセン機関銃 (麦德森機槍)

丹麦造麦特森轻机枪

 マドセン(Madsen)機関銃はデンマークのマドセン社が開発した軽機関銃で、1902年にデンマーク軍に採用されたほか、日露戦争でロシア軍が用いたり、第一次世界大戦ではドイツ軍に採用されていました。この銃は高価で射撃速度が毎分450-500発とやや遅いながらも、堅実な設計で戦略上有用な軽機関銃と評価され、第一次大戦後は12種類にわたる口径のバリエーションを揃え、30カ国以上に輸出されました。中国もその顧客のひとつで、当初の顧客は1916年以降各地で割拠・台頭してきた軍閥であり、1929年に国民党による北伐が完了するまでこの傾向が続きます。



技师在试验工厂所制造的丹麦麦特森轻机枪,小图为石井兵工厂车间

 中国ではこの機関銃を自給しようと、1908年に広東兵工廠でコピー生産が試みられたようですが、少数生産に終わったとされています。(おそらく当時の中国の工業力では満足のいく模倣が難しかったのでしょう。)




1921年石井兵工厂大门(也曾称广东兵工厂等

1921年の広東兵工廠



 北伐完了後、中国を統一した国民党政府はデンマークから3300挺のマドセンを輸入する契約を取り交わし、1938年3月から1940年3月にかけて中国に届けられたと言われています。中国向けのマドセンは7.92×57mm弾仕様で他のモーゼル系小銃との弾薬の共通化を図り、マガジンは32連を用いたようです。国府軍では、当時すでに生産と配備が軌道に乗り始めたZB26の20連マガジンと比較し、マドセンの旧式化を認めつつも火力はZB26より有利と判断していたようです。
 
 輸入に続いて、国民政府はデンマークとマドセンの正式なライセンス生産契約をかわし、1938年の後半にはデンマークはマドセンの製造設備および図面の売却にも同意することとなります。1939年4月には昆明に第51兵工廠を建設し、1000台の工作機械を発注して準備を整えていました。この時期の沿海部の主要都市は日本の占領下だったため、安全な雲南の昆明に疎開する形での工廠建設でした。第51兵工廠はビルマの援蒋ルートからの資材調達によって月産500挺のマドセンを生産できる程度の生産能力を確保できるはずでしたが、1939年5月と1940年6月の日本軍によるビルマ援蒋ルートの爆撃により、集積所に保管され輸送を待っていたマドセンの生産設備や図面が破壊され、計画の実行が困難になってしまいました。デンマークから再度取り寄せようかと検討されたものの、すでにデンマークはドイツの占領下にあり、日独伊三国同盟の発効によってマドセンの生産体制の構築は不可能になりました。第51兵工廠はその後ZB26の生産に切り替えて操業を続けています。




4A4559C4CD4B7E95D2D84A0B4AA7040E.jpg

中国人民革命軍事博物館で展示されているマドセン



参考
http://club.china.com/data/thread/5688138/2720/88/15/5_1.html
http://club.china.com/data/thread/1015/2732/00/05/5_1.html

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。