プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
383位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン編その13 軽巡洋艦HMSベルファスト(3)

P2214174.jpg

 居住区にズデンとハンモックが垂れ下がります
 それらの中には、今にもいびきが聞こえてきそうな寝相の悪い蝋人形が寝ているハンモックもあったりして、人形なのに生活感の演出がすごいのです。



P2214178.jpg

 革トランク置き場やロッカー
 こういうトランクを使っていたのか。レトロ会用に参考にしよっと




P2214183.jpg

 定番の写真撮影コーナーなんかもあります



P2214189.jpg

前甲板に出て主砲塔にて

白人親子のカメラに応じてたら、お礼に撮ってもらいました笑
(コートは午前中にカムデンで買ったものを荷物削減も兼ねて着用してたり)




P2214190.jpg

 仰角をあげた主砲塔たち 背負式の三連装砲塔はちょっとした家のような大きさ




P2214196.jpg


 なにげに砲身が迷彩に合わせて色分けされているのがわかります




P2214181.jpg

 低画質ですが、揚弾装置。
 ここから主砲塔に砲弾を供給します



P2214194.jpg

 この艦は信号機をこのように収納しているのですね
 (カバーがあるとはいえ艦が傾いた時にこぼれ落ちたりしないのかしら)




P2214200.jpg

 ブリッジから前甲板を臨んでみた様子
 荒波や北海の吹雪の中を航行したら、どのようになるのか想像が膨らみます。




P2214170.jpg

 操舵要員



P2214197.jpg

 戦後型のレーダーが搭載されていると思われますが、レーダーとマストの基本構造はあまり建造時と変わっていないと思います。



P2214201.jpg

 そして探知結果をこのように出力するわけですね






P2214199.jpg

 ボフォース40mm対空機関砲の連装砲座
 他の旅行記を見ると、中に入ることができた時期もあったようですが、自分が行った時は入れませんでした。




P2214206.jpg

 4インチ連装高角砲は密閉式砲塔ではなく、前上面を覆う形になっています。



 HMSベルファストは思っていたより艦が大きく、順路通りに網羅していくと急なラッタルを昇り降りしたりで歩き疲れてしまうほどのボリュームの展示内容でした。
 また単純に展示物を銅像のように置物にしているのではなく、蝋人形や音声を駆使して「艦が現役時代の雰囲気を感じ取ってもらおう」という意気込みがひしひしと感じられました。ここでも携帯式音声ガイド(日本語は無かったけども)も導入して至れり尽くせりのものでした。
 ベルファストは「英海軍を代表する殊勲艦」とまでは言えない戦歴の艦かもしれませんが、保存にかける熱意と愛着の感じられる展示内容でした。その点が逆に我が国の記念艦三笠があの状態なので、戦後の混乱があったとはいえど、もうちょっと頑張って欲しい気がします。(史実の再演と記念館とでは性格が異なるところはあるかもしれませんが)



A50069-HMS-Belfast.jpg

 売店でも売っていたエアフィックスの1/600ベルファストの模型が気になってしまいました笑
 (しかしこのキット、「IWM」のロゴがあるということは、帝国戦争博物館監修なのかしら)


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。