プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
646位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス編その4 ル・ブルジェ航空宇宙博物館(2)

P2275724.jpg

ではボーイング747の中に入ってみます。



P2275729.jpg

 コックピットの中まで入ることができます。
 計器にかこまれたメカメカしい雰囲気がいいですよね。



P2275727.jpg

 機首部分の客室。航空会社によっては違うこともあるそうですが、おそらくファーストクラスのような上級座席だと思います。
 先細りになっているのに対応して、カートも三角形なのですね。



P2275733.jpg

 客室乗務員のマネキンがいたるところに




P2275742.jpg

 普段は客席しか目にできない旅客機ですが、ここでは貨物室や機械室なども覗けるので、巨大なジャンボ機の構造と合理性が実感できる展示でした。
 (DC-2みたいな双発レシプロ旅客機から僅か30年で何百人も運べるジャンボ機が出てくることを思うと、技術の発達に注がれるエネルギーの強さのようなものを感じてしまいます。)




P2275706.jpg

 外の展示場に戻ってみます。
 
 こちら、東ドイツ空軍仕様のSu-22。NATOコードはフィッター。
 東側諸国に広く輸出され主に対地支援や偵察に用いられました。


P2275712.jpg

 Su-22はSu-17の輸出型ですが、Su-17の初飛行は上のボーイング747と同じ1969年で、比較的新しい機体です。



P2275716.jpg

 そのSu-22と背中合わせに展示されていたのが、同じく東側を代表する機体のひとつ、MiG-23でした。
 

 本来はMiG-21の後継機となるはずでしたが、可変翼の複雑な構造や整備性が嫌われたり、性能が落ちるモンキーモデルの戦歴ばかり取り上げられて若干不遇な機体かもしれません。



P2275719.jpg

 可変翼は折りたたまれていますが、低速時にはこの主翼を前に突き出して揚力を稼ぐことができます。
 これによって、敵の攻撃で滑走路が破壊された時や、規模の小さい野戦基地などから前線支援に出撃する時でも、短距離離陸して出撃できるメリットがありました。
 Su-22やMiG-23は前線ですぐに陸軍部隊を支援できるような運用を想定していました。







P2275912.jpg

 特徴的な主翼形状のサーブ35ドラケン



P2275911.jpg

 サーブ37ビゲン




P2275905.jpg

 ビゲンの奥にあるのはサーブ32ランセン


 このようにスウェーデン軍機は充実のラインアップ





P2275893.jpg

 イギリスとフランスの共同開発で生まれたジャギュア攻撃機
 ワルシャワ条約機構軍の機甲部隊を叩く近接支援機として開発されました。
 
 日本のF-1はこれを模倣した・・・という噂が立ったりも。



P2275898.jpg

「おお、シュペル・エタンダールだ!」
と思ったら、これはÉtendard IV(エタンダールIV)で、改良型のシュペル・エタンダール(シュペル=Super:超)とは別の機体なのだと帰国後に知りました。

 どうしてもシュペル・エタンダールの方がフォークランド紛争で活躍した有名な機体なので、つい早とちり




P2275904.jpg

 旧式機ばかりかな、と思ったらちゃっかり第4世代以降のラファールAが展示されておりました。
 さりげなく置いてあるけどいいの?笑



次の記事はレシプロ機を見て回ります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。