プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1990位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
393位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス編その10 ノルマンディーの戦史跡4 ゴールドビーチからジュノービーチへ

P2286218_201404201631404a3.jpg

 オマハビーチからさらに東へ進みます。




P2276216_20140420163139dcc.jpg

 古い石造りの教会
 当時もこのように佇んでいたのでしょうか。




P2286219.jpg

 オマハビーチの東隣の地区、英軍が上陸を仕掛けたゴールドビーチに到着します。




50th_division.jpg

 上陸作戦に参加した英第50歩兵師団は、ドイツ軍の第一陣を突破した後は比較的スムーズにビーチを制圧することができました。
 この点は、防備が固くミスが相次いだオマハビーチで米軍が多くの犠牲を出したのと対照的でした。





P2286220.jpg

 沖合に見えるのは人口のポンツーン港であるマルベリーB
 ドイツ軍の守りが堅い港を直接攻撃することを避けるため、代わりにこのような組み立て式の港が用意されました。

 オマハビーチにもマルベリーAと呼ばれる同じ人口港が設置されましたが、こちらは上陸二週間で嵐により破壊されてしまいます。
 一方でゴールドビーチのマルベリーBは修復しながら使用が続けられました。


 さらに沖合には廃船を自沈させて即席の防波堤を作っていたのですが、今ではその姿は見えません。











P2286223.jpg

 ゴールドビーチを見下ろすように設置されたモニュメント
 



P2286226.jpg

 一部ドイツ軍の陣地跡が残っています。




P2286224.jpg

 予習も兼ねて基本書は読んでおりました笑





P2286240.jpg

 続けてさらに東隣のジュノービーチに到着しました。

 こちらはカナダ軍が攻撃を担当した地区で、「カナディアンビーチ」とも呼ばれました。

 ジュノービーチはノルマンディーではオマハビーチに次いで防備の硬い地区で、カナダ軍は苦戦しつつも制圧し、そのまま前進してカーン・バイユー間の幹線道路の制圧に成功します。
 当初の作戦目標を完遂できたのは、ノルマンディーではカナダ軍くらいのものだったと言われています。




P2286236.jpg

 浜に展示されていたチャーチルAVRE
 チャーチル歩兵戦車にバンカー破砕用の280mm臼砲を搭載した特別仕様車です。





P2286242.jpg

 25ポンド砲らしき火砲などもありましたが、悪天候のためか幌がかけられていました。




P2286243.jpg

 コンクリート製対戦車障害物

 



P2286245.jpg

 半地下式のバンカー

 天井に視察窓がついています。
 (先のコーネリアス・ライアンの『史上最大の作戦』にあったソード・ビーチのエピソードで、扉が白くなるほど火炎放射器であぶられ、窒息しそうになるまでドイツ兵や東方義勇兵が立てこもっていたバンカーは、もしかしたらこのような型のバンカーだったのかもしれません。)




P2286250.jpg

 この型の半地下式のバンカーには機関銃が据えられていたようです。



P2286252.jpg

 小ぶりな記念館もあり、土産物もあります。



 ツアーではユタとソードビーチは回らなかったので、そのままパリへ帰還。


 途中、パリへ戻る高速のサービスエリアで休憩中、日本人客を大量に載せた別のバスが到着。
 ノルマンディー上陸作戦の舞台は、観光地として有名なモンサンミシェルの東にあるので、モンサンミシェル帰りの団体客だったようです。

 それを目にしたフランス人ガイドのおばさんに「日本人ってモンサンミシェルが好きよねぇ あなたは逆に珍しいわ」と言われたのを覚えています。




P2286263.jpg

 パリで最後の晩餐、最後にデザートとして本場のクレープを食べることに。




P2286267.jpg

 ピラミッド駅前のジャンヌ・ダルク像の近くにあるレストランでした。

 そういえばこのジャンヌ・ダルク像、フランスのコメディ映画『アデル・ファラオと復活の秘薬』で、ジャンヌ像に卑猥な言葉をかけながら立ちションをするシーンに出てきた場所だと思います。




 長々と書いてきた英仏卒業旅行の記事もこれで締めたいと思います。
 とても楽しい旅でした。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。