プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
646位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み立て(2)


 間が空いてしまいましたが、モノは完成しているので製作過程を順次アップしたいと思います。



P5066800.jpg

 まずは砲塔側面のラックに手を加えてみます。


 毛布(?)が革製のベルトで縛り付けられている感じを出したかったので、紙で自作してみます。
 ラックの革ベルト固定部分に鋲があるようなのでそれもつけてみました。

 砲塔に穴を開けて、ベルト折り返し用の支点を銅線でとりつけ。





P5066801.jpg

 接着剤を染み込ませたティッシュで毛布を作り、それを紙で作ったベルトで慎重に縛り付けていきます。

 固まったら砲塔の穴をパテで埋めて一段落。






P2225063.jpg

 ボービントンの車輌はこんな具合でした。






P5126803.jpg

 整備時に砲塔を吊り下げるワイヤーを引っ掛ける部分も、キットのままとりつけると砲塔にベタッと張り付いた状態になってしまうので、「くの字」型にペンチで曲げてから取り付けました。




P2225058.jpg

 マチルダ2の発煙弾発射機ですが、このようにリー・エンフィールド小銃をカットして、その機関部を流用したものになっています。

 左の箱は、対空機関銃用のブレンの弾倉入れ。(ドラムマガジンないしは普通のマガジンが用意されていました。)
 (なおブレンは通常砲塔内部に収納されていて、対空戦闘に使う際には別途対空銃架を車長キューポラ付近に設置しました。)

 弾倉入れのラックは敢えてオーバースケール気味に作ってみました。





P2225059.jpg

 ライフルグレネードの要領で発煙弾を発射する仕組みのようです。
 あらかじめ空砲(おそらく)を装填しておき、車内からワイヤーで小銃のトリガーを引いて激発させるようです。
 ボービントンの車輌はワイヤーが無くなっていますが、トリガー部分にスプリングがあり、走行中の振動などで撃発しないようにそれなりに強いテンションがかかっているのではないかと想像しています。




P5066802.jpg

 エンフィールド小銃は在庫があまりないので、代わりに余っているKar98kでそれらしいものを作ってみます。
 AFVクラブ製のKar98kはボルトのある部分のストックの彫り込みがシャープすぎてあまり好みではないので、なかなか使う機会に恵まれず


 新キットのマチルダ2ではこの部分は再現されているようです。





P5126806.jpg

 ボルトハンドルを新たにエンフィールドと同じ場所に自作して98kっぽさを打ち消し。
 どうせカットしてしまうので遠目には区別はつかないと期待()

 それ以外の部分は、それっぽく手を加えているだけだったりします。(キットののっぺり具合を打ち消すため)




P6307068.jpg

 砲塔の左後部にある円筒形のパーツは信号旗を収納するケースなのですが、下の写真にもありますようにボービントンのものはかなりベコベコになっており、薄い缶のようなものなのかもしれません。
 リューターで削ったりして凹みをつけています。



P6307067.jpg

 あとは補助燃料タンクや砲塔上部の装填手ハッチの手すりを銅線で作ったり、モーターライズで車体を開閉する都合上切断されている配管をつないだりしています。
 エンジンデッキ上の蛇腹になっている配管のバリ取りがかなり苦労しました。



 苦労する分、タミヤの新キットのマチルダ2を作りたくなってきてしまいました。




 以下ボービントンの写真です。
 ディテールアップの参考になれば幸いです。



P2225067.jpg



P2225062_20140506202900482.jpg



P2225060.jpg



P2225065.jpg


P2225066.jpg


P2225064.jpg


P2225071.jpg





ボービントンのマチルダ2は稼働するようです。





当時の非力なエンジンで一生懸命キャタキャタと進む姿もWW2戦車の魅了でもあります。
と、高速で疾走して超信地旋回に行進間射撃をする某アニメへのあてつk(ry




関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。