プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
362位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチルダ2情景 『砂漠の女王』

P5280025.jpg

情景の全体図としてはこのようになります。

コンパス作戦においてイタリア軍陣地へ突入する英軍というシチュエーションです。



7597765_1990256006_147large.jpg

 この戦車の『砂漠の女王』というニックネームですが、作戦行動時には周囲に歩兵が群がっていることが多いマチルダ2の姿が、あたかも兵隊アリを従えた女王アリのように喩えられたのが由来だと言われます。
 歩兵戦車のマチルダ2らしいニックネームかもしれませんね。

 今回のジオラマでは、そのニックネームの由来でもある「歩兵と直協状態にあるオーソドックスなシーンを作りたい」という思いがあり、それを目指して制作にあたりました。


 史実のコンパス作戦においては、第7王立戦車連隊のマチルダ48輌が歩兵と共にニベイワのイタリア軍陣地を攻撃し、2500人のリビア兵とイタリア軍戦車70輌の迎撃を退けて制圧に成功します。(この戦闘で撃破されたマチルダ2は、イタリア砲兵による近距離射撃で擱座させられた数輌のみでした。)


 そんな戦史も頭の片隅に置いてみます。



P5280024.jpg

 タイトルプレート側が正面なのですが、こちらの方が見栄えがいいかも。



P5280028.jpg

 地形を利用した塹壕陣地に、偽装ネットなどを。
 手元にイタリア軍の野戦築城などの資料がなく、映画の受け売りなので、考証としてはいい加減なものです。




P5280030.jpg

 有刺鉄線を踏破してる場面を作りたかったので、踏み潰していただきます。




P5280029.jpg

 弾薬切れで放棄されたイタリア軍の迫撃砲陣地。
 (よほどの緊急事態でも無い限り、銃や砲を捨てて逃走などもってのほかなので、そうしたことにしてていいものか悩みます。)

 わざとらしいですが、国旗とヘルメットだけは存置しました。




P5280036.jpg



P5280041.jpg

勇ましく銃剣突撃している兵士を前面に出します。




P5280034.jpg

 熱帯用のエアテックスシャツのシワのモールドとかを見ると、マスターボックスのキットはなかなかいいものだと思います



P5280042.jpg

 トンプソンのスリング、若干太かったかも。



P5280044.jpg

 どうせなら戦車兵もハッチから乗り出して歩兵との連携を強調してもよかったのですが、敵陣に近接して反撃が激しくなると、戦車兵もずっと身を乗り出したままではないんじゃないかなぁ などと想像して閉じてしまいました。



P5280051.jpg

 マチルダ2の魅力、作ってみて初めて分かりました。



P5280037.jpg

 再度全体像



PC159704.jpg

 太陽光の下で撮ってみました。



PC149659.jpg

 こちらもちょっとした加工写真


 英軍はやはりカッコいい!


PS



顔認証

 1/35スケールの歩兵でも顔認証が発動する!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。