プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
493位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MYTH ZB26

P6210087.jpg

 ZB26式輕機槍です。


 ここ最近中国から電動ガンのZB26が発売されていますが、だいぶ前にMYTHのZB26を手に入れたので簡単にレビュー。


 当初のZB26といえばM14のマガジンを流用したViva Arms製のものが出ていましたが、「せめてマガジンがなぁ~」と買おうか悩んでいるうちに流通しなくなってしまい、「時機を逃したかー」と思っていたところ、MYTHから発売と聞いて飛びついてしまった経緯があります。

 現在はMYTHのZB26は別会社のARROW DYNAMIC製ということで出回っているようですが、国内相場も当初9万円近くしたものが、6~7万円と大分値下がりしてます。(早まってしまった)


 学生時代と違ってサバゲやイベント等への参加が億劫になってしまい、購入後はほぼ箱にしまった状態で一度も使用していない持ち腐れ状態になっています。



P6210090.jpg

 知人の方から譲っていただいた実銃用スリングを装着。




○ディテールやギミック

 Vivaのもそういう傾向がありましたが、全体的にZB26ではなくZB30をモデルに作ったんだろうなぁ というディテールです。



P6210091.jpg

 本体も塗装ならば刻印もただの塗装
 酷使して剥がれてこないか心配です。



P6210093_20140623020540d78.jpg


P6210095_20140623021649818.jpg


 カバーをスライドさせてマガジンを装填。カバーそのものがマガジンに引っかかり固定する構造に。スライドする時はジャキン!と音がしていい感じですが、実銃がどんな感じなのかは分かりません。




P6210094.jpg


 照門はダイヤルを回して昇降し、左右にも微調整できます。






 二脚を使って自然に置いた状態だと銃が傾いた姿勢になります。



P6210107.jpg


 留め金を外すとスプリングで開脚。銃を持ち上げると二脚は重力任せにブラブラする状態。




 セミオートはなし。
 オマケのバースト回路が付属したのですが、「バッテリーと本体の間に回路を接続、トリガー長押しでブザーが3回鳴るので、その後バースト射撃したい回数だけトリガーを引き、再度長押し」という要領で動作するようです。





個体差はあるかもしれませんが、気になった点をいくつか。


1 キャリングハンドル



P6210092.jpg


 ハンドルをロックすることができず、かといって締め付けが強いわけでもないので、ここを持って運搬するのは困難。 基部とハンドルの間にビスを入れて、ハンドルが水平に近い位置で突っかかるようにしようか考えてます。
 (キャリングハンドルやその基部は金属製とはいえ、アルミ合金のダイカストみたいなので、重い銃をハンドルで持って走り回っていると、そのうち金属疲労でパッキンと折れてしまいそうでヒヤヒヤします。)




2 銃尾板・肩当て

 実銃のZB26であれば、M14やM249等のような銃床上部についている肩当を展開し、肩に乗せるようにして銃を支えることができるのですが、このMYTH ZB26の肩当は展開できないダミーパーツで、銃尾板をストックに固定するためのロックになっています。


P6210101.jpg


 銃尾板を外してストック内にバッテリーを入れるため、簡単に着脱できる構造にしたのだろうとは思いますが、もっと違う方法があるだろうに・・・とは思いました。
 それならまだいいのですが、問題はこのダミー肩当てがロック機能としては不十分で、簡単に取れてしまいます。これでは野外で運搬中に服や枝に引っかかって気づかぬうちに紛失しているかもしれません。

 そのため、銃尾板を銃本体と紐やチェーンなどで繋いで保険にするか、何かしらの工夫をして外れにくくする必要があるかと思います。





5 フロントサイト

P6210109.jpg

ここは完全にZB30ですね。



ad-zb26-07.jpg

 ZB26のフロントサイトはこんな感じにカマボコ型にサイトを覆うカバーがついています。




4 銃身交換レバー



P6210096.jpg


P6210097.jpg


 銃下部にあるこのレバーを手前に引き起こすと、銃身のロックが外れ取り外すことができます。この機能を見た時に、「すげー銃身交換ゴッコができる!」と思ったのですが、このレバーも案外ユルユルで、何かの拍子に銃身のロックが外れてしまいそうです。銃身がまるごと落っこちたらさすがに気づくと思いますが、懸案事項としてつきまとってしまいます。





5 マガジン

 このZBのマガジンはゼンマイ巻き上げ式の多弾数マガジンなのですが、この銃の特徴でもある上部装着式マガジンのため、マガジン側面から付属の六角レンチで回してあげないと継続射撃ができません。
 個人的には、普通の電動ガンのマガジンのような底に歯車が露出したタイプでも、ZBなら弾倉交換のアクションを楽しむ要領でいけたとも思うのですが、マガジンが上にあるとギアが目立つと考えられたのかもしれません。

 巻き上げ用のレンチは同じサイズであれば市販の六角レンチでも可能なのですが、たとえばゲーム中に紛失してしまうと厄介なので、何か紐などに通して認識票などのようにして首から下げておくのが一番サマになるかな、と考えています。

 マガジンが壊れて銃が撃てなくなるのも怖いので、予備マガジンも確保しておきたいところです。(MYTH製と同じ物と言われるAD製ZBのマグが使えると思いますが未確認)



6 チャージングハンドル

 P6210100.jpg

 フルストロークで引くことはできません。何かに引っ掛けてバッキンと行かないか不安です。




P6210105.jpg


実銃用スリングはこの部分を押して金具を開き、ストックに取り付けます。このストックのパーツもZB30っぽい。




 お世辞にも完璧とは言い難いクオリティだと思いますが、この銃を製品化してくれたことに意味がありますので、ZB26の形として鎮座していればそれだけで十分と考えています。(いやまぁZB30だけど、國軍はZB30も使ってるし、ね?)


P6210090.jpg


(さすがに中華民國造の刻印バージョンは出ないよなぁ~と思いつつ、この値段なら中華民国軍仕様の無可動実銃が買えたのでは...という考えも)

とはいえ抗日戦争期の國軍には欠かせない一挺なので、いつか機会があれば活用したいと思っています。(→ 武器事情:ZB26)

 83dedf7b4d7011e60ad187b3.jpg





関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。