プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
480位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行(8) ムンスター戦車博物館(1) ムンスターへの道

(2013年9月7日のことなので、記憶も薄れる前に)

 

 4日目はムンスター戦車博物館へ

 卒業旅行でボービントンを訪れて早くも翌年はムンスターです。これも中学生の時にアーマーモデリングで存在を知ってから、行ってみたいと思っていた念願の場所でした。

 

 

 


 Munster(ムンスター)はブレーメン、ハンブルク、ハノーファーの三都市の中間にあり、田舎なので交通の便はあまりよくありません。宿泊地のベルリンから4時間ほどかけて向かいました。(Münster(ミュンスター)とは全く別の場所であることに注意が必要です。もし駅で切符などを買うときは、観光客の多いMünsterを案内されてしまう可能性もあるので、駅の正式名である「Munster(Örtze)」を示すと確実かと思います。)

 

 また一般的にドイツ観光をする場合は、フランクフルトやミュンヘンを拠点とする人も多そうなので、行き方については旅行プランによりけりかと思います。もしハンブルクを観光するのであれば、100分程しかかからないので効率よい旅行になるかもしれません。博物館やムンスター駅にはコインロッカーや荷物預かり所が無いので、その点も要注意です。

 

 ドイチェバーンの乗り換え検索

 http://www.syuuyuu.com/db_manual

 

 

 今回ベルリンから向かうにあたっては、前日と同じくまずはハンブルクへ。ハンブルクを経由してICEで向かうことにしました。この時も前日購入したジャーマンレイルパスをそのまま使用し、切符を買う手間も無く向かうことができました。

 

 ハンブルクからはUelzen(ウェルツェン)行きのME(Metronom Eisenbahngesellschaft メトロノーム・アイゼンバーンゲゼルシャフト)という快速列車に乗り換え。

 

 

 

 

 ウェルツェン駅はなんともメルヘンチックな建物でした。

 電車が来るまで少し時間があるので、中でドーナツを買って食べたり。

 

 

 

 

 駅のホームにもこんな待合室が。

 

 

 

 

 ウェルツェンでErixxのディーゼルカーに乗り換え。これもジャーマンレイルパスで乗れます。

 

 

 

 

 11時07分にウェルツェンを出て30分でムンスターに到着しました。

 

 

 

 

 

 ムンスター駅。

 

 

 

 

 田舎の小さな無人駅です。

 

 

 

 

 

 博物館へは駅からは徒歩で15分ほど

 住宅街ですが、道も大きいのでさほど迷うことはないでしょう。

 

 

 

 

 閑静な住宅街

 

 

 

 

 "Panzertruppenshule"(パンツァートルッペンシューレ:装甲部隊学校)の標識が見えたら、それに従って進んでも博物館に到達します。

 というのもムンスター戦車博物館の隣に戦車学校があるのです。(軍施設なので一般人の見学はできませんが)

 

 ボービントンもそうでしたが、戦車博物館が教育施設としても活用されているケースは多いように思われます。

 

 

 

 ドイツの選挙ポスターは大きかった

 

 

 

 

 貨車に搭載されたレオパルト1が見えてきたら博物館です

 

 

 

 エントランス

 ドイチェス パンツァームゼーウム ムンスター

 「ドイツ戦車博物館ムンスター」が正式名

 入館料は大人7ユーロ

 

 

 

 

 遊べる!

 

 

 

 

 マネキンがお出迎え

 

 

 

 

 パンツァームゼーウムだけあって、ここから辿るというわけですか。

 

 

 

 

 A7VのWW1情景展示が登場です。

  

 

 

 

 このA7V Wotan号、実車は戦後すぐにスクラップにされており、1980年代に西ドイツで製作されたレプリカ車です。

 ツァイスやラインメタル、MANといった西ドイツの兵器生産にゆかりのある企業がこのレプリカ製作に関わっていることが示されていました。

 

 

 

 

 Wotan(ヴォータン)はオーディンの意味

 

 

 

 

 黎明期の無限軌道、しかもトラクターがベースだったということもあり、不整地を走破するには少し頼りない足回りですが、履帯を敵弾に晒して破損・走行不能になることを恐れたのか、露出を少なくしようとこのようなデザインに行き着いたのかもしれません。

 

 

 

 

 側面のMG08重機関銃のマウント構造がよく分かります。

 

 

 

 

 

 このレプリカ戦車は内部も再現されています。側面の機関銃手のマネキンも見えますが、実戦ではさらに防弾衣や防弾マスクを着用していたものと思います。

 また天井から縄が下がっていますが、これは電車の吊革のように捕まるためのものでした。

 

 

 

 

 WW1で着用された防弾衣など

 

 

 

 

 

 戦車の横には歩兵のマネキンも。

 MG08/15の横には、小銃用防盾がありました。

 

 

 

 

 一見ホイペットに見えますが、ドイツがWW1末期に試作したLK II(Leichter Kampfwagen II:軽量戦闘車輌II)という戦車。

 WW1では2輌が試作されたに留まりましたが、戦後密かに分解した状態でスウェーデンに売却され、スウェーデン軍でStrv m/21やStrv m/21-29として使用されていました。ムンスターにあるのはスウェーデンのStrv m/21-29だったものです。

 

 

 

 ダイムラーDZVR 21装甲車

 WW1後まもない1919年から20年にかけて開発が進められ、1925年までに85輌生産されました。

 戦車や装甲車の開発・購入を制限されていたドイツでしたが、こうした警察用車輌は生産出来たようです。

 

 

 WW1から戦間期の車輌はこのような感じでした。(続く)

 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。