プロフィール

歐慶祥

Author:歐慶祥
(中文名は台湾の友人に名付けてもらいました)



Models:WW2を中心にAFV中心ですが、ストックがたくさんある積みモデラー。なんだかんだでドイツ戦車が多いです。最近は英軍戦車と歩兵の情景も作りたいと思案中。 艦船や航空機にもちょっかいだしてます。



Military:ちょくちょく軍装品集めてましたが、黒歴史化して放置したり処分したりで退却中。 たまにWW2中華民国軍をいろいろ(余波で英軍、現用台湾も)調べてはいます。




記事は筆者の知識不足もあり、随時加筆修正しています。お気づきの点ありましたら、指摘して下さると幸いです。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグのリスト表示
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
訪問者
リンク
月別アーカイブ(タブ)
月別アーカイブ
RSSフィード
TOEICボキャドリル(わんこ版)

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
383位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行(11) ムンスター戦車博物館(4) WW2独軍AFV&砲いろいろ

(2年前の旅行記を思い出しながら仕事の毎日を忘れたい日々)


P9077979.jpg

アゴ無し防盾と車体機銃マウントポールでA型かと思いましたが、


P9077983.jpg

A型ベースの指揮戦車型パンターでした。
無線アンテナが通常より多いのです。


P9077982.jpg

ボービントンと異なり、展示スペースに余裕があるので後ろ側もよく見えます。



P9077995.jpg

ゴリアテを念力で操縦するヨンギル師



P9077998.jpg

幌付きキューベル



P9078005.jpg

「中戦車」なのに意外と大きいと感じてしまうT34


P9078006.jpg

ライフリング


P9078009.jpg

弱点と言われる車体正面ハッチもこの厚さ
開口部から車体正面装甲厚がよく分かりますが、45mmでもガッシリとした印象。



P9078044.jpg

SPDも通常の兵員輸送型だけでなく、いくつかの派生形も展示されていました。
24口径7.5センチ砲搭載の自走砲型(Sd.Kfz. 251/9 Stummel) シュトゥンメル



P9078075.jpg

砲もよく見えますよ うひゃー



P9078054.jpg

突撃橋を搭載した工兵型のSd.Kfz. 251/7 Pionierpanzerwagen(ピオニアーパンツァーヴァーゲン/工兵装甲車)



P9078063.jpg

突撃橋の荒々しい溶接跡


P9078065.jpg

後部は幌が掛かっていて中をよく見ることができず




P9078085.jpg
ラッチュバムこと、ZiS-3 76mm野砲


P9078091.jpg

赤軍の従来の76ミリ砲と異なり、旋回・昇降ハンドルを左側にまとめて、砲手が移動目標を狙いやすくしている本格的な対戦車砲です。



P9078077.jpg

その隣にマーダーを展示するのがなんとも粋です
(ただし、これは7.5センチPak40搭載のマーダーIIIH)


P9078088.jpg

はみ出した戦闘室の床はちゃんと塞がれているんですね!



P9078098.jpg

ZIS-3との対比でドイツのPak40も並べて置かれていました。
ZIS-3と比較するとPak40はより低姿勢に作られている反面、防盾を二重にして傾斜させるなど複雑な構造なのが分かります。



P9078159.jpg

Pak35/36とPak40の間に阻まれて影の薄い5センチPak38
まだ余裕のあった時期の砲だけに、曲面防盾や凝った設計。


P9078141.jpg

ムンスターの展示では再現されていませんが、このように脚を畳む時には脚の間にさらに車輪を取り付けて三輪車状態で移動させることもできました。
(整地以外では使いにくく、生産性が落ちるということもあって、Pak38以降の砲では採用されていない微妙な機能・・・?)



P9078151.jpg

小火器のようなシンプルな照準具
目標との想定交戦距離が数百メートル以内の近距離ならこれで十分かも


P9078153.jpg

ハンドルの取手も独立して回転するようになっており、回しやすくなっています。


P9078162.jpg

砲身の中にゴミを入れた不届き者が



P9078045.jpg

砲といえばこんなキワ物も
7.5センチIG37歩兵砲 戦争後半になって歩兵部隊の重火器が不足する中、対戦車砲と歩兵砲を兼用できる軽便な砲を作れば一石二鳥では?ということで作られた中途半端な

砲身はフランス製75mm野砲から切り出したもの。当初はPak37と呼ばれ、成形炸薬弾による対戦車戦に念頭が置かれましたが、結局歩兵砲として使われることが多くIG37で定着しました。


P9078071.jpg

砲架はPak35/36もしくは同型のソ連製対戦車砲のものが用いられました。



P9078204.jpg

こちらはIII突ですが、よく見ると

P9078206.jpg

側面装甲に跳弾したような跡が
浅い角度で側面装甲に食い込み貫通を免れたのでしょうか


P9078207.jpg

かつては自走砲をたくさん作ったドイツも
現ドイツ連邦軍ではPzH2000に統一の流れなんですね


P9078333.jpg

大きい物シリーズ1


P9078208.jpg

大きい物シリーズ2
(コンバットチョロQを思い出す)



P9078215.jpg

さすがにこれの実車はクビンカです



P9078220.jpg

プラモであっさり取り付けてるこのパーツにしても、実際に見てみるとものすごい重量感と鋼鉄の質感なんですよね。



P9078194.jpg

英国鉄兜の系譜
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。